日テレ、世界初のセカンドライフ内収録番組スタート | RBB TODAY

日テレ、世界初のセカンドライフ内収録番組スタート

エンタメ その他

Shiodome Island
  • Shiodome Island
  • 番組収録のイメージ
 日本テレビ放送網が3D仮想空間「セカンドライフ」内にShiodome Island(汐留島)を建設。セカンドライフ内での番組制作や動画配信を開始することを発表した。
 
 Shiodome IslandはMagSL(マグスル)が提供する日本人居住区・MagSL Tokyo内に展開。同社はここにニューススタジオやイベントスペースを設置する。番組収録などを行うとともに、一般ユーザーにも提供する。
 
 セカンドライフ内での活動としては、セカンドライフ内でニュースなどを見られるテレビを配布し、同社のニュースチャンネル「日テレNEWS24」の制作する動画ニュースや第2日本テレビの動画コンテンツなどを配信する。イベントスペースには同社のアナウンサーやタレントのアバターが登場し、イベントを開催していくという。
 
 また、10月3日より放送される新番組「デジタルの根性」は、世界初となる全編セカンドライフ内での収録を実施。千原ジュニア、矢部太郎、土屋敏男、馬場典子といった出演者のアバターがセカンドライフ内に登場し、仮想空間内で番組収録を行う。現実世界には一切セットなどを設けない異色の番組となる。なお、セカンドライフ内で行われる番組収録は公開収録を予定し、一般ユーザーの見学が可能になるという。

 同番組は毎週水曜日25:29から放送。第2日本テレビから投稿コンテンツを集めて次世代クリエイターを発掘していくという内容になる。
《小林聖》

関連ニュース

特集

page top