70代が選ぶ、セカンドライフ憧れの著名人は?…女性No.1は樹木希林 | RBB TODAY

70代が選ぶ、セカンドライフ憧れの著名人は?…女性No.1は樹木希林

エンタメ その他

「VOGUE JAPAN Women of the Year 2013」授賞式に登場した際の樹木希林
  • 「VOGUE JAPAN Women of the Year 2013」授賞式に登場した際の樹木希林
  • 樹木希林/『あん』製作発表会見
  • 樹木希林&河瀬直美(監督)/『あん』製作発表会見
  • 樹木希林/ドキュメンタリー映画『神宮希林 わたしの神様』舞台挨拶
  • 「VOGUE JAPAN Women of the Year 2013」授賞式(樹木希林)
少子高齢化により、明日を担う子どもたちに期待が集まる一方で近年、人生の円熟期=“プレミアムエイジ”と呼ばれる60歳以上のシニア層にも注目が集まっている。シニアたちがどのようなセカンドライフ(シニア生活)を理想としているのか、実態を探る意識調査が行われ、「樹木希林」がプレミアムエイジの憧れる“女性著名人”第1位であることが明らかとなった。

今回の意識調査は、セカンドライフの総合プロデュース企業として総合介護サービスを展開している日本ロングライフ株式会社が、2014年12月11日~14日の4日間、全国の60~79歳の男女を対象に「人生の円熟期“プレミアムエイジ”と理想のセカンドライフに関する意識調査」としてインターネットリサーチを行ったもの。

その中で、全回答者(1,000名)に「70歳代でセカンドライフを満喫していると感じる、憧れの女性著名人は?」と質問をしたところ、第1位が「樹木希林」、第2位は「野際陽子」、第3位に「吉行和子」、第4位は「加藤登紀子」、第5位は「倍賞千恵子」という結果となった。さらに男女別に見てみても、男性が選ぶ第1位は「倍賞千恵子」に譲ったものの、女性が選ぶ第1位は「樹木希林」だった。

現在、72歳の樹木さん。舞台の上で、TVの画面の中で、銀幕の世界でーー実に50年以上もの間、女優として活躍し続ける一方、“ロック”な夫・内田裕也との夫婦関係や「全身がん」を患っていることなどを公言しており、その飾り気のない毒の効いた小気味好い“希林節”と呼ばれる語り口がたびたび注目され、昨年大ヒット記録を打ち立てた『アナと雪の女王』のテーマよろしく“ありのまま”を体現している人物でもある。

今年の6月には、「やり残したことは、ありませんか?」というキャッチコピーが話題となっている、“カンヌの常連”河瀬直美の監督最新作『あん』で主演を務めており、昨年末に開かれた製作発表会見では「役者という我が身を映し出す仕事を選んだのには、何かがあった」と自身の人生の意味を自問自答するシーンが印象的だった。

ちなみに、憧れの“男性著名人”の第1位は「加山雄三」、第2位「石坂浩二」、第3位は「高橋英樹」、第4位には「鳥越俊太郎」、第5位は「小泉純一郎」。また、第6位は「渡哲也」、第7位に「渡瀬恒彦」と兄弟揃ってベスト10入りを果たしている。

「樹木希林」70代が選ぶ、セカンドライフ憧れの女性著名人No,1に!

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top