ペンタックス、コンパクトデジタルカメラ「オプティオ」シリーズに光学7倍ズームの新モデル | RBB TODAY

ペンタックス、コンパクトデジタルカメラ「オプティオ」シリーズに光学7倍ズームの新モデル

IT・デジタル デジカメ

オプティオ Z10
  • オプティオ Z10
  • 背面部
 ペンタックスは13日、コンパクトデジタルカメラ「オプティオ」シリーズの新モデルとして、光学7倍ズームを搭載した「オプティオ Z10」を発表。10月中旬発売。価格はオープンで、予想実売価格は30,000円台後半。

 同製品は、有効画素数800万画素のコンパクトデジタルカメラ。35mm換算で38〜266mmの光学7倍ズームレンズを搭載し、デジタルズーム機能との併用で最大35.7倍の望遠撮影が可能だ。

 カメラが被写体の状況を自動的に判断して、ポートレートや風景などのモードを選択する「オートピクチャーモード」や、ISO感度を最大3,200まで上げることでブレを軽減する「Digital SR」機能を装備する。

 そのほか、検出時間0.03秒の「顔認識AF&AE」、手ブレ補正付き動画撮影機能なども搭載。

 撮像素子は1/2.5型CCD。開放F値はF3.5〜5.4。シャッタースピードは1/1440秒〜4秒。ディスプレイは上下左右の視野角が170度の2.5型TFT液晶。記録メディアはSDメモリーカード/SDHCメモリーカード。バッテリーはリチウムイオン充電池。バッテリーフル充電時の撮影可能枚数は180枚。本体サイズは幅94×高さ58×奥行き25.5mm。重さは125g。
《》

関連ニュース

特集

page top