ペンタックス、デジタル一眼レフ「K10D」カメラグランプリ2007受賞 | RBB TODAY

ペンタックス、デジタル一眼レフ「K10D」カメラグランプリ2007受賞

IT・デジタル デジカメ
カメラグランプリは1984年に創設され、今年で24回目
  • カメラグランプリは1984年に創設され、今年で24回目
 ペンタックスは、同社製レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K10D」が「カメラグランプリ2007」を受賞したと発表した。

 K10Dは手ブレ補正機構「SR」(Shake Reduction)とゴミ除去機能「DR」(Dust Removal)を搭載した1,020万画素デジタル一眼レフカメラ。72ヵ所にシーリングを施した防塵・防滴構造で、中級者向けのモデルとして06年11月に発売された。

 カメラグランプリはカメラ記者クラブが主催する賞で、一年間に日本国内で新発売されたすべてのスチルカメラの中から最も優れたカメラ一機種を選出して授与するもの。今回の受賞理由として、SRやDRといったさまざまな機能を多数装備しながら、リーズナブルな価格を実現している点などがあげられる。なお、同製品は、欧州のカメラ賞 「TIPA ベスト・エキスパート・デジタル一眼レフカメラ 2007」も受賞している。
《》

関連ニュース

特集

page top