NEC、PoE、QoS、VLAN機能などを備えたイーサネットスイッチ7モデル | RBB TODAY

NEC、PoE、QoS、VLAN機能などを備えたイーサネットスイッチ7モデル

エンタープライズ モバイルBIZ

【左】「UNIVERGE QX-S3652PBS-PW」 【右】「UNIVERGE QX-S724BP」
  • 【左】「UNIVERGE QX-S3652PBS-PW」 【右】「UNIVERGE QX-S724BP」
 日本電気は(NEC)24日、PoE(Power over Ethernet:LANケーブル経由でネットワーク機器に電源を供給する機能)に対応した48ポートのイーサネットスイッチ「UNIVERGE QX-S3652PBS-PW」など、「UNIVERGE QXシリーズ」7モデルを発表した。

 今回発表されたのは、10/100Base-TX対応モデルがLANポートを48ポートと給電SFPスロットを4スロット備えた「QX-S3652PBS-PW」、LANポートを8ポート備えた「QX-S408B」、LANポートを16ポート備えた「QX-S416B」、10/100Base-TXポートを24ポート備えた「QX-S424B」の4モデル、10/100/1000Base-T対応モデルがLANポートを8ポート備えた「QX-S708B」、LANポートを16ポートとSFPスロットを2ポート備えた「QX-S716BP」、LANポートを24ポートとSFPスロットを2ポート備えた「QX-S724BP」の3モデル。価格はそれぞれ53万円、1万3,000円、3万1,000円、4万1,000円、3万3,800円、7万9,800円、9万9,800円(いずれも税別)。出荷は10/100Base-TX対応モデルが8月28日から、10/100/1000Base-Tモデルが9月11日から開始される。

 UNIVERGE QX-S3652PBS-PWをのぞく6モデルはいずれもファンレス構造で静音性を高めたノンインテリジェントスイッチ。また、「UNIVERGE QX-S700シリーズ」3モデルはQoS機能やVLAN機能も搭載する。

 同社では、今後3年間にUNIVERGE QXシリーズ全体で6万システムの販売を見込んでいる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top