対中米政策の本質を問う問題作〜「サルバドル/遥かなる日々」 | RBB TODAY

対中米政策の本質を問う問題作〜「サルバドル/遥かなる日々」

エンタメ その他

サルバドル/遥かなる日々
  • サルバドル/遥かなる日々
 ブロードバンド放送GyaOでは、オリヴァー・ストーン監督作品で社会派スリラーの傑作映画「サルバドル/遥かなる日々」の配信を開始した。事実を元にした残虐な描写で評判となった作品だ。配信期間は10月1日まで。

 「サルバドル/遥かなる日々」は、ジャーナリスト、リチャード・ボイルの小説を元に、「プラトーン」でアカデミー賞に輝いたオリヴァー・ストーン監督がアメリカの中米政策を痛烈に批判した問題作。中米エル・サルバドルの政情、ゲリラの実態、中米政策の無力さなどを、ニュース映像などを盛り込んだ生々しい映像で描く。大国による介入に翻弄される民衆の怒りが画面からあふれてくる。

 この作品でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたジェームズ・ウッズが、主人公のフォトジャーナリストの役を好演しているのも見どころのひとつだ。
《》

関連ニュース

特集

page top