大和証券グループ、1万台規模を目指しシンクライアントシステムを導入 | RBB TODAY

大和証券グループ、1万台規模を目指しシンクライアントシステムを導入

エンタープライズ その他

シンクライアント端末US100
  • シンクライアント端末US100
  • IAサーバ、Express5800/120Ri-2
  •  大和証券グループと大和証券は6日、両社のスタッフ部門のPC1,500台を対象にNEC製仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter」の導入を開始した。2007年9月までに順次展開する予定だ。
 大和証券グループと大和証券は6日、両社のスタッフ部門のPC1,500台を対象にNEC製仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter」の導入を開始した。2007年9月までに順次展開する予定だ。

 今回のシンクライアントシステム導入は、セキュリティと事業継続基盤の強化を目的として、大和証券グループ本社が小型シンクライアント端末「US100」を300台、大和証券が全社1万台規模のシンクライアントシステム構築に向けて、US100を1,200台をそれぞれ導入するというもの。

 また、システム全体は大和証券グループ本社に設置する仮想PCサーバにはクアッドコアCPUを搭載し、1サーバで30台以上のUS100が管理可能なIAサーバ「Express5800/120Ri-2」、大和証券に設置するブレードシステムには「SIGMABLADE」をはじめ、統合管理サーバ、統合管理ソフトウェア「WebSAM SigmaSystemCenter」、VMware製仮想化基板ソフトウェアなどで構成されている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top