デルと日本オラクル、エンタープライズ戦略で協業を強化 | RBB TODAY

デルと日本オラクル、エンタープライズ戦略で協業を強化

エンタープライズ その他

 デルと日本オラクルは4日、エンタープライズ戦略において提携を強化すると発表した。

 今回の提携は、デルの「スケーラブル・エンタープライズ戦略」と日本オラクルの「グリッド・コンピューティング戦略」を両社共通のエンタープライズ戦略として採用し、デルのx86サーバやストレージなどのエンタープライズ製品、および日本オラクルのデータベースやミドルウェアなどのソフトウェア製品を利用したITシステムの構築を推進するというもの。

 具体的には、Oracle Database 10g搭載Dell PowerEdgeサーバパッケージ、Oracle Real Application Clusters 10gシステムパッケージ、企業向けOracle 10gシステムの設計・導入・構築サービスを提供するほか、デルにおるオラクル製品の保守サポートの一次受付、Oracle GRID Centerでの共同検証を通じたx86ベースのOracle GRID環境に関するベストプラクティスの推進などが予定されている。また、デルのソリューション・サービス・デリバリーのすべてのオラクル担当コンサルトによる「ORACLE MASTER Platinum」取得やビジネス・パートナーの開拓、エンタープライズLinuxの推進なども盛り込まれた。

 また、デルは同日、日本オラクルのパートナープログラム「Oracle PartnerNetwork」の最上位プログラム「Certified Advantage Partner」を締結したことも明らかにした。

 今回の協業強化により提供される製品領域は以下の通り。

■デル製品
サーバ:Dell PowerEdgeサーバ
ストレージ:Dell|EMCファイバチャネルストレージ、Dell|EMCバックアップ
ソフトウェア製品、Dell PowerVaultストレージおよびテープバックアップ
ネットワーク:Dell PowerConnectネットワークスイッチ

■日本オラクル製品
データベース:Oracle Database 10g
クラスタ・ソリューション:Oracle Real Application Clusters 10g
ミドルウェア基盤:Oracle Application Server 10gを中心としたOracle Fusion Middleware
統合管理ソリューション:Oracle Enterprise Manager
対象OS:Red Hat Enterprise Linux 4.0、Microsoft Windows Server 2003
《富永ジュン》

特集

page top