au、解約者約22万5,000人の顧客情報紛失について謝罪 | RBB TODAY

au、解約者約22万5,000人の顧客情報紛失について謝罪

ブロードバンド その他

 KDDIと沖縄セルラーは8日、au携帯電話を解約したユーザーの一部にあたる22万4,183人分の顧客情報の一部を記録した光磁気ディスク1枚を栃木県小山市の同社の小山テクニカルセンター内で紛失したと発表し、謝罪と紛失事故の概要についてコメントを掲載した。

 紛失事故は、2007年1月25日の定期棚卸し時に、1月15日に作成した光磁気ディスクが所定の保管キャビネット内に保管されていないことが判明したというもの。作業手順上では、同光磁気ディスクは施錠管理されている保管キャビネット内に保管されているはずだったが、実際には保管されておらず、運用室内で紛失し、産廃業者によって溶解、または粉砕処分されたと見られる。

 紛失した光磁気ディスク内のデータは、名前、住所、生年月日、解約時の携帯電話番号、連絡先電話番号、管理用コード。なお、クレジットカード情報や銀行口座の情報、通信記録は含まれていない。

 同社では2006年6月のDION顧客情報流出をうけて全社的な情報セキュリティの総点検と実施を行ってきたが、今回の紛失事故は作業手順、およびチェック体制の不備によって発生したとしている。
《富永ジュン》

特集

page top