視聴率35.4%を記録した大ヒット韓国ドラマ「守護天使」 | RBB TODAY

視聴率35.4%を記録した大ヒット韓国ドラマ「守護天使」

エンタメ その他

守護天使
  • 守護天使
 ショウタイムは、同社が運営するブロードバンドコンテンツポータル「ShowTime」において、韓国ドラマ「守護天使」の配信を開始した。同ポータルサイトの、韓国ブロードバンドチャンネル「KoreanTime」にて視聴可能(日本語字幕付き)。すでに8話までが配信されており、29日に最終話までが追加される予定だ。

 「守護天使」は、2001年に韓国SBSにて放映され、最高視聴率35.4パーセントを記録した全16話のドラマ。親の顔を知らずに生まれ育った2人の男女の、苦悩と恋愛模様を描いたストーリーとなっている。主人公の孤児院育ちの女性ダソを演じるのは、「秋の童話」「オールイン」などで人気の韓国トップ女優ソン・ヘギョ。彼女が姉のように慕っていた女性が交通事故で他界したため、その女性が出産したばかりの子供を引き取って自分の子として育てることにする。そんな彼女の前に現れるのが、「ミスターQ」「ゴースト」「秘密」などに出演し、歌手としても活躍するキム・ミンジョン演じるナイトクラブの用心棒テウン。テウンは、彼女を一途に見守る“守護天使”となっていく……。

 料金は、第1話が無料。2話以降は、1話210円/3日間。29日から提供される5話パック(2〜6話、7〜11話、12〜16話)は各840円/14日間となっている。配信帯域は500kbpsと2Mbpsの2種類。
《デイビー日高》

関連ニュース

特集

page top