共感できる仲間とブログ航海「ブログクルーザー」 | RBB TODAY

共感できる仲間とブログ航海「ブログクルーザー」

エンタメ その他

マイプロフィールのイメージ画像。オープンで、なおかつブログをメインにしたSNSという構造といえば、わかりやすいだろうか。これが「ブログクルーザー」の中心となる
  • マイプロフィールのイメージ画像。オープンで、なおかつブログをメインにしたSNSという構造といえば、わかりやすいだろうか。これが「ブログクルーザー」の中心となる
  • 名刺を貼り付けたイメージ画像。名刺はデザインやサイズなどを選ぶだけで簡単に作成でき、それらはタグとして生成されるので、自分や他者のブログ、ホームページなどに簡単に貼り付けることが可能だ
 ソネットエンタテインメント(旧ソニーコミュニケーションネットワーク)は12日、新サービスとして「ブログクルーザー」を発表した。今月18日にベータ版のサービスが開始される。サービス開始を前に、気になる「ブログクルーザー」の特徴と、開発責任者のコメントなどを紹介する。

 「ブログクルーザー」は、ブロガーのための“読者拡大”ならびに、ブログ読者のための“ブログのクルージング”を目的としたツール(サービス)だ。同社が運営するインターネットの総合サービスであるSo-netの1サービスとして加わるのだが、So-net会員以外でも利用できるのがポイントだ(「コンテンツ」コースを無料で申し込みSo-net IDを取得すれば利用できる)。

 「ブログクルーザー」の機能概要は次のとおり。

 1つが、「名刺貼り付け」。自分のブログやホームページはもちろん、他社で運営されているブログも含めて、ほかの人のブログにも貼り付けることができ、次に紹介する同サービスの中核「マイプロフィール」のページへ誘導できる、バナー的な使い方が可能な機能だ(複数のサイズや絵柄などを組み合わせて自分だけの名刺を手軽に作れる)。

 2つ目は、「マイプロフィール」。これが「ブログクルーザー」の中心的な存在となる。いわゆる自己紹介のページなのだが、かなり動的に活用できる仕組みとなっており、単純に生年月日や好きなものといった書き手のキャラクターを見てもらうためのページというだけではない。自分のブログやホームページへのリンクを設定できるだけでなく、関心のあるキーワードを登録したり、お気に入りのブログやサイトへのリンクなども設定できる。ブログやホームページのネットワークを緊密にする仕組みなのだ。

 そして3つ目は、「友だち申請」。他者のプロフィールを見ると、「友だち申請をする」というボタンが用意されており、それを押すことで、相手に友だちになりたいと伝えることが可能だ。相手が許可してくれれば友だちになれるというわけである(その際は、お互いの名刺入れに名刺が入る)。最後が、「キーワード検索」。マイプロフィールで関心のあるキーワードを設定できることは前述のとおりだが、それがタグのように働くので、検索をかけると同じ趣味や好みといった人たちを、すぐに捜せるのである。

 以上からするとSNS的なイメージをもつ方も多いだろうが、実際のところ開発責任者(プロデューサー)のポータル事業部門編成部編成1課コミュニティーサービスチームの西野篤マネージャーも、「オープンなSNSと思ってください」とのこと。“誰かの紹介がないと入れない”といったことはなく、誰でも無料で登録できる仕組みになっているのである。

 ユーザのメリットとしては、まずブロガーにとってだが、書き手のキャラクターを読み手側により伝えられるということがあげられる。「マイプロフィール」を通して書き手の人となりをアピールすることで、より読者の共感を得やすくなり、それが読者の増加を促すというわけだ。一方のブログ読者にとっては、趣味や趣向の近いブロガーを見つけやすく、また共感したブロガーと直接の交遊関係を結べるといった点が魅力的だろう。ブロガーとブロガー、ブロガーと読者のネットワークがより緊密になる仕組みなので、ブログを次々と回遊できるような、つまりブログのクルージングを楽しめるという仕組みなのである(それが、「ブログクルーザー」という名称の由来)。

 そして、サービス開始前から気が早いが、今後の展開としては12月以降に大きな機能追加が予定されており、「名刺ポータル」(仮)などの導入が構想されている。同機能がどのような内容かというと、同じ趣味や趣向の人が集まれるポータルスペースに、自分が訪れた証として名刺を貼れるようにするというもの。そこを訪れたほかの人が、同好の士ということで、自分のマイプロフィールを訪問してくれる確率が上がり、ひいてはブログの読者も増えていくというわけである。

 西野マネージャーは、「これからは、共感できる仲間とみんなでブログの海をクルージングしていく時代だと思います。そうしたすべてのブロガーに、必携のネット上の名刺として使ってもらいたいですね。また、今後も社名のようにもっともっと楽しい、エンターテイメントな機能を追加したいと思っていますので、楽しみにしてください」とのこと。ブログをひとつ上の階層で連携させるツールとして、全国800万人以上いるといわれるブロガーのみなさんには、ぜひ注目していただきたいサービスなのである。
《デイビー日高》

関連ニュース

特集

page top