ピクセラ、ウィルコムの最新機種、W-ZERO3[es]専用のワンセグユニットの開発を発表 | RBB TODAY

ピクセラ、ウィルコムの最新機種、W-ZERO3[es]専用のワンセグユニットの開発を発表

ブロードバンド その他

 ピクセラは、ウィルコムが発表した最新機種、W-ZERO3[es](WS007SH)専用のワンセグユニットの開発を担当すると発表した。ウィルコム端末において初のワンセグソリューションとなる。

 今回、ピクセラが開発を担当するワンセグユニットは、Windows Mobileを搭載したウィルコムのスマートフォンW-ZERO3[es]に対応するミニUSB接続型の受信機、および専用ワンセグ視聴アプリケーションとなる。

 受信機は、ピクセラのシリコンチューナー技術や高密度設計技術により、アンテナ、ミニUSB端子部分を除く外形サイズが87mm×45.5mm×8mm(最薄部)と、W-ZERO3[es]と一体感のあるデザインとなっている。

 ピクセラは今年5月31日に開催されたMicrosoft Mobile & Embedded DevCon 2006で、Windows CE組み込み機器におけるデジタルAV家電のためのソリューションの開発を表明。今回のウィルコムスマートフォン用ワンセグユニットは、その第一弾となるものだ。今後、子会社であるRfStream製シリコンチューナーとともに、同社のデジタルテレビソリューションを液晶搭載機器へ積極的に提案し、ビジネスを拡大していくとしている。
《小笠原陽介》

編集部のおすすめ記事

特集

page top