J:COM、戸建てや小規模集合住宅でも最大100Mbpsの実験を実施 | RBB TODAY

J:COM、戸建てや小規模集合住宅でも最大100Mbpsの実験を実施

ブロードバンド その他

 ジュピターテレコム(J:COM)は、戸建てや小規模住宅向けを対象にした最大100Mbpsの接続サービスの実験を開始する。実験は、アットネットホームと関西マルチメディアサービスの協力のもと、今年の夏から秋にかけてフィールドトライアルを実施する。

 ここでは、DOCSIS信号を複数本束ねて高速化を図る「チャンネル・ボンディング機能」を採用。さらに、高速接続サービスに向けた付加サービスも検討をする予定だ。

 なお同社はすでに、20戸程度以上の集合住宅を対象に最大100Mbpsの接続サービスを提供している。
《安達崇徳》

特集

page top