J:COM、2007年4月から下り160Mbpsサービスを開始 | RBB TODAY

J:COM、2007年4月から下り160Mbpsサービスを開始

ブロードバンド その他

 ジュピターテレコム(J:COM)は、サービス提供地域の一部で、下り160Mbpsのインターネットサービス「J:COM NETハイグレード」を2007年4月から開始すると発表した。提供地域は泉大津市、大阪狭山市、河内長野市、富田林市の4市となる。

 月額料金は6,300円(税込み)で、下り160Mbps、上り10Mbps、メールアドレスは最大5つまで利用可能となっている。そのほか、ホームページスペースも50Mバイトが基本サービスとなる。

 なお、サービス利用に際しては高スペックのマシンが必要となる。推奨環境としてWindows Vistaマシンがあげられている。また、Windows XPによる利用時にはマシンの設定を一部変更する必要がある。

 4月開始以外の地域では、9月よりハイグレードサービスが提供される予定となっている。

※社名に誤りがありました。読者並びに関係者の皆様には、ご迷惑をおかけしました。お詫びして訂正いたします。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top