ソニー、3型タッチパネル液晶と810万画素CCDを搭載したISO800の高感度デジカメ「サイバーショット DSC-N1」 | RBB TODAY

ソニー、3型タッチパネル液晶と810万画素CCDを搭載したISO800の高感度デジカメ「サイバーショット DSC-N1」

 ソニーは、コンパクトボディに3.0型タッチパネル液晶と有効810万画素CCDを搭載した、ISO800の高感度デジタルカメラ「サイバーショット DSC-N1」を11月18日に発売する。

IT・デジタル デジカメ
サイバーショット DSC-N1
  • サイバーショット DSC-N1
 ソニーは、コンパクトボディに3.0型タッチパネル液晶と有効810万画素CCDを搭載した、ISO800の高感度デジタルカメラ「サイバーショット DSC-N1」を11月18日に発売する。光学3倍ズームレンズは、カールツァイスの「バリオ・テッサー」を採用。記録メディアは、メモリースティック デュオとメモリースティック PROに対応するほか、本体に26Mバイトのメモリを内蔵する。撮像感度はISO64〜800。価格はオープンで、実売予想価格は6万円前後。

 本体サイズは96.7×61.1×22.7mm、重さは約151g。起動時間は約1.5秒。リチウムイオンバッテリーを採用し、1回の充電で約300枚の撮影が可能としている。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top