リコー、7.1倍ズームと手ブレ補正機能搭載のコンパクトデジカメ「Caplio R3」 | RBB TODAY

リコー、7.1倍ズームと手ブレ補正機能搭載のコンパクトデジカメ「Caplio R3」

IT・デジタル デジカメ

手ブレ補正搭載の513万画素デジカメ「Caplio R3」
  • 手ブレ補正搭載の513万画素デジカメ「Caplio R3」
 リコーは、厚さ26mmのコンパクトボディに7.1倍ズームと手ブレ補正機能を搭載した513万画素デジタルカメラ「Caplio R3」を10月中旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は5万円前後。

 Caplio R3は、1/2.5型の有効513万画素CCDと2.5型TFT液晶ディスプレイを搭載したモデル。手ブレ補正機能はCCDシフト方式で、シャッタースピード2〜3段分の補正効果を発揮するという。

 7.1倍ズームレンズの収納機構には、新開発の「ダブルリトラクティングレンズシステム」を採用する。レンズの明るさはF3.3〜F4.8。焦点距離は4.6〜33mm、撮像画角は35mm判換算で28〜200mmに相当する。ステップズーム設定時は、28、35、50、85、105、135、200mmの7段階に指定可能だ。

 また、本製品では、被写体の四辺形を自動的に抽出し、長方形に補正する独自アルゴリズムにより、斜めから撮影した画像を正面から撮影したように補正できる「ななめ補正機能」を搭載した。

 シャッター速度は、1/2,000〜8秒。最短撮影距離は広角端が30cm、望遠端が1m、マクロ撮影では1cm(テレマクロ撮影は14cmとなる。撮像感度はISO64〜800。記録メディアはSDメモリーカードを採用するとともに、カメラ本体に26Mバイトメモリを内蔵している。最大記録解像度は、静止画が2,592×1,944ピクセル、動画が320×240ピクセル。

 本体サイズは幅95×奥行き26×高さ53mm、重さは135g。起動時間は1.1秒。電源はリチャージャブルバッテリーで、撮影可能枚数は310枚。
《高柳政弘》

編集部のおすすめ記事

特集

page top