リコー、手ブレ補正機能と光学7.1倍ズーム搭載の724万画素コンパクトデジカメ「Caplio R5」 | RBB TODAY

リコー、手ブレ補正機能と光学7.1倍ズーム搭載の724万画素コンパクトデジカメ「Caplio R5」

IT・デジタル デジカメ

Caplio R5
  • Caplio R5
 リコーは、独自のCCDシフト方式による手ブレ補正機能と光学7.1倍ズームレンズを搭載した、724万画素コンパクトデジタルカメラ「Caplio R5」を9月15日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は47,000円前後。カラーバリエーションは、シルバー、ブラック、レッドの3種類を用意する。

 Caplio R5は、有効724万画素の1/2.5型CCDと光学7.1倍ズームレンズに加え、CCDシフト方式の手ブレ補正機能を搭載したモデル。新画像処理エンジン「スムースイメージングエンジンII」の採用と新設計のCCD周辺回路により、画像のさらなる低ノイズ化を追求しているのが特徴だ。

 焦点距離は4.6〜33mm、画角は35mm判換算で28〜200mmに相当。レンズの明るさはF3.3〜4.8。撮像感度はISO64〜1,600に対応する。

 液晶ディスプレイは2.5型23万画素。記録メディアは、SDメモリーカードに対応するほか、本体に26Mバイトのメモリを内蔵する。最大記録サイズは静止画が3,072×2,304ピクセル、動画(Motion JPEG)は640×480ピクセル。

 本体サイズは幅96×高さ55×厚さ26mm、重さは140g。電源には専用充電バッテリーを採用し、バッテリー寿命(CIPA規格)は約380枚としている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top