リコー、光学7.1倍ズームを搭載し、薄さ20.6mmのコンパクトデジカメ「Caplio R6」 | RBB TODAY

リコー、光学7.1倍ズームを搭載し、薄さ20.6mmのコンパクトデジカメ「Caplio R6」

 リコーは5日、手ブレ補正機能と光学7.1倍ズームを搭載する、724万画素のコンパクトデジタルカメラ「Caplio R6」を発表した。

IT・デジタル デジカメ
Caplio R6
  • Caplio R6
 リコーは、手ブレ補正機能や光学7.1倍ズームを搭載する、724万画素のコンパクトデジタルカメラ「Caplio R6」を3月23日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は47,000円前後。

 Caplio R6は、レンズ収納時にレンズの一部を鏡胴外にしまう独自機構の「ダブルリトラクティングレンズシステム」のレイアウト見直しと、各部品の薄型化により前モデルの「Caplio R5」と同じ光学7.1倍ズームを継承しつつ、ボディ最薄部20.6mmを実現している。

 被写体の顔を自動的に認識識別する「フェイスモード」を搭載。フレーム内に複数の被写体が入る場合も、最大4人まではピントや露出、ホワイトバランスを最適に自動調節可能という。また、1回の撮影で通常画像と縮小画像を保存可能な「デュアルサイズ記録モード」や、削除した画像を復元(1操作前)する機能などを新たに搭載する。なお、デュアルサイズ記録モードで、保存する縮小サイズは1,280×960、640×480、320×480、320×240ピクセルから選択可能。

 有効724万画素の1/2.5型CCDと光学7.1倍ズームレンズを装備し、同社独自のCCDシフト方式の手ブレ補正機能を搭載している。最大記録解像度は3,072×2,304ピクセルで、最大640×480ピクセルでの動画撮影が可能。液晶ディスプレイは、2.7型約23万画素を採用している。

 焦点距離は4.6〜33mm、画角は35mm判換算で28〜200mm、開放F値はF3.3〜5.2。最高感度は1,600に対応。

 マクロモードでは、1cmマクロ広角端で1cm、望遠端で25cmでの撮影が可能。

 記録メディアは、SDHC/SDメモリー/マルチメディアカードに対応し、54Mバイトのメモリを内蔵する。電源はリチウムイオン充電池で、撮影可能枚数はCIPA準拠で約330枚としている。

サイズは幅99.6×高さ55.0×奥行き20.6mm(突起部含まず)、充電池とメモリカードを含まない重さは約135gで、充電池とストラップが約26g。
《》

特集

page top