富士写、410万画素モデル「FinePix A345」が2万円前後、520万画素モデル「同350」が3万円前後 | RBB TODAY

富士写、410万画素モデル「FinePix A345」が2万円前後、520万画素モデル「同350」が3万円前後

 富士写真フイルムは15日、光学3倍ズーム搭載の410万画素デジタルカメラ「FinePix A345」と、光学3倍ズーム搭載の520万画素デジタルカメラ「同350」を発表した。

IT・デジタル デジカメ
普及価格モデルのFinePix A350(上)、同345(下)
  • 普及価格モデルのFinePix A350(上)、同345(下)
 富士写真フイルムは15日、光学3倍ズーム搭載の410万画素デジタルカメラ「FinePix A345」と、光学3倍ズーム搭載の520万画素デジタルカメラ「同350」を発表した。いずれも3月発売で、価格はオープン。実売予想価格はA345が2万円前後、A350が3万円前後の見込み。

 レンズはフジノンの光学3倍ズームを採用し、焦点距離は5.8〜17.4mm(画角は35mm判換算の35〜105mmに相当)、開放F値はF2.8〜4.7となる。

 液晶は1.7型で、電源には単3形アルカリ乾電池×2本を採用。記録メディアはxDピクチャーカードで、16Mバイトモデルが付属する。

 本体サイズは幅90.0×高さ60.0×奥行き30.3mm、重さは約132g(電池、メディア除く)。
《高柳政弘》

特集

page top