富士写、ISO1,600対応、28〜300mmズーム搭載の903万画素デジカメ「FinePix S9100」 | RBB TODAY

富士写、ISO1,600対応、28〜300mmズーム搭載の903万画素デジカメ「FinePix S9100」

IT・デジタル デジカメ

FinePix S9100
  • FinePix S9100
 富士写真フイルムは、ISO1,600の高感度に対応した、903万画素デジタルカメラ「FinePix S9100」を9月9日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は75,000円前後。

 FinePix S9100は、有効903万画素の1/1.6型CCD「ハニカムHR」と、フジノン光学式10.7倍ズームレンズを搭載したモデル。ズームレンズでは、手動ズームやフォーカスリングによるマニュアルフォーカスも可能。また、室内のような光量が少ないシーンでも、従来モデル「FinePix S9000」に比べAFスピードを最大約1.8倍高速化しているという。さらに、シンクロターミナルやホットシューを利用した外部ストロボの使用にも対応する。

 焦点距離は6.2〜66.7mm、画角は35mm判換算で28〜300mmに相当。レンズの明るさはF2.8〜4.9。撮像感度はISO80〜1,600に対応する。

 液晶ディスプレイは2型23.5万画素。記録メディアは、xDピクチャーカードおよびマイクロドライブ/コンパクトフラッシュ(CF)のダブルスロットを搭載している。最大記録サイズは静止画が3,488×2,616ピクセル、動画は640×480ピクセル。

 本体サイズは幅128.0×高さ93.0×厚さ129.0mm、重さは650g。電源には単3形電池×4本を採用し、バッテリー寿命(CIPA規格)はアルカリ電池で約120枚としている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top