リコー、502万画素の4.8倍ワイドズームデジカメ「Caplio R1V」 | RBB TODAY

リコー、502万画素の4.8倍ワイドズームデジカメ「Caplio R1V」

IT・デジタル デジカメ

有効502万画素1/2.5型CCD搭載のCaplio R1V
  • 有効502万画素1/2.5型CCD搭載のCaplio R1V
 リコーは、有効502万画素のコンパクトデジタルカメラ「Caplio(キャプリオ) R1V」を1月21日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は43,000円前後。

 Caplio R1Vは、2004年9月に発売した「Caplio R1」の上位機として、厚さ25mmの薄型ボディに28〜135mm(35mm判換算)の4.8倍ワイドズームレンズ搭載、起動時間0.8秒やレリーズタイムラグ平均0.07秒などの高速レスポンスを継承。開放F値はF3.3〜4.8、シャッター速度は1/2,000〜8秒となる。

 また、ステップズーム機能をオンにすれば、5段階の焦点距離(28、35、50、85、135mm:35mm判換算)に素早く設定することが可能だ。電源にはリチャージャブルバッテリーが標準で付属され、CIPA規格で490枚のバッテリー寿命を実現した。なお、従来モデル同様、単3形電池も利用できる(単3形アルカリ電池2本も同梱)。

 液晶ディスプレイに1.8型透過型アモルファスシリコンTFTを装備するほか、実像式光学ズームファインダーを備える。最大記録解像度は、静止画が2,560×1,920ピクセル、動画は320×240ピクセル。最短撮影距離は30cmで、マクロモードでは1cm。撮像感度はISO64〜800。記録メディアは、SDメモリーカード/マルチメディアカードと、12Mバイトの内蔵メモリとなる。PCインターフェースはUSB1.1。

 本体サイズは幅100.2×高さ55.0×奥行き25.0mm、重さは約150g。ボディカラーは、ゴールドとブラックの2種類を用意する。
《高柳政弘》

特集

page top