OCN、So-net、BIGLOBE、@nifty、hi-hoの5ISPが共同でブロードバンド広告を展開 | RBB TODAY

OCN、So-net、BIGLOBE、@nifty、hi-hoの5ISPが共同でブロードバンド広告を展開

ブロードバンド その他

 OCN、So-net、BIGLOBE、@nifty、Panasonic hi-hoの5つのISPは、共同でブロードバンド広告「ISPブロード・アド」を展開すると発表した。ほか、広告の販売代理店としてサイバーウィング、ハイホー・シーアンドエーも参加する。

 今回の取り組みでは、(1)会員向けHTMLメールにおける広告の共通化(2)統一規格のリッチメディアによるバナー広告(3)時間帯別/地域別の広告(4)テレビCMと同等の動画ストリーム広告の配信、の4つが予定されている。これら5つのISPの会員を合計すると1,700万人程度となり、同社らによれば国内におけるインターネット利用者の7割をカバーしているという。このうちブロードバンドユーザは200万人程度となる。

 これら5社によると、広告主からブロードバンドを最大限に生かした新しい商品を求める声があるが、制作コストは従来よりも高くなるという。そのため、共同で展開することにより投資効果を高くすることが今回の取り組みの目的だとしている。今後も、他のISPにも呼びかけてさらに規模を拡大していくとしている。2月から順次トライアルを開始して、3月から販売開始を予定しており、2004年度の1年間で50億円の売り上げを目指すとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top