iPhone

iPhone13のカメラ性能・動画撮影機能はさらに進化!【最新確定情報まとめ】

2021年9月15日(水)の午前2時から、Appleによる新商品発表イベントがありました。

iPhone13の予約開始日は2021年9月17日(金)、発売日は2021年9月24日(金)と発表されています。(※ソフトバンクドコモau楽天モバイルも17日の午後9時から予約開始)

Appleの公式サイトでも、iPhone13の予約注文の準備ページが公開されています。

そのほか、確定したiPhone13の最新情報は次のとおりです。

iPhone13/mini/Pro/Maxの最新確定情報をみる!【2021年9月15日(水)に確定】
端末の種類iPhone13iPhone13 miniiPhone13 ProiPhone13 Pro Max
カメラデュアル12MPカメラシステム:広角、超広角カメラデュアル12MPカメラシステム:広角、超広角カメラPro 12MPカメラシステム:望遠、広角、超広角カメラPro 12MPカメラシステム:望遠、広角、超広角カメラ

※横にスクロールできます。
※参照:iPhone13iPhone13 Pro

ここからは、iPhone13のカメラ性能を紹介します。

iPhone13のカメラ性能について知りたい人は、参考にしてみてください。

iPhone13のカメラ・動画撮影機能の最新確定情報まとめ

iPhone13のカメラ・動画撮影機能の最新確定情報見ていきましょう。

具体的に、以下6つの内容を紹介します。

順番に確認していきましょう。

カメラ機能の差|「iPhone13・mini」と「Pro・Pro Max」は同じ性能

iPhone12シリーズでは、iPhone12 miniiとiPhone12では同じカメラ機能ですが、iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxはカメラ機能が一部異なります。

上位機種のiPhone12 Pro Maxのほうがより優れたカメラ機能を持ち、センサーシフト式の手ブレ補正ユニットなどが搭載されているのが特徴です。

iPhone13シリーズでは、iPhone13 miniとiPhone13が同じカメラ機能であることはiPhone12と変わりありません。

しかし、iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxの2機種も全く同じカメラ機能となっています。

最上位機種のiPhone13 Pro Maxのみのカメラ機能はないとのことです。

「シネマティックモード」が新搭載|映画のような映像が撮影可能

iPhone13シリーズで、全ての機種に新しく搭載されたカメラ機能が「シネマティックモード」です。

シネマティックモードとは、ビデオ撮影の機能で、自動で人間の視線などを検知して最適な人やものにピントを併せてくれる機能となっています。

例えば、画面の中心にいる人物が正面を向いていれば中心にいる人物に、中心にいる人物が後ろを向けば後ろにいる人やものにピントが自動で調節されるとのことです。

iPhone13シリーズでは、シネマティックモードを使って、映画のような最適なピントの動画を簡単に撮影できます。

「センサーシフト光学式手ぶれ補正機能」が全てのカメラに搭載|全ての機種でより手ぶれの少ない撮影が可能

Phone12シリーズまでは、ProとPro Maxの2機種にのみに対応していた「センサーシフト光学式手ぶれ補正機能」ですが、iPhone13シリーズでは全ての機種で対応となりました。

センサーシフト光学式手ぶれ補正機能とは、光学式手ぶれ補正よりも高性能な手ぶれ補正の機能です。

iPhone13シリーズでは、すべての機種でより手ぶれの少ない写真や動画が撮影できます。

レンズの数は変わらず|ただしiPhone13 mini・iPhone13ではレンズが斜め配置に

iPhone13のカメラのレンズの数はiPhone12のカメラのレンズの数と変化はありませんでした。

レンズの数は以下の通りです。

機種名レンズの数
iPhone12 minii・iPhone122眼
iPhone13 mini・iPhone132眼
iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Max3眼、LiDARスキャナ
iPhone13 Pro・iPhone13 Pro Max3眼、LiDARスキャナ

LiDARスキャナの搭載については、iPhone13シリーズでもiPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxのみの搭載となりました。

iPhone1シリーズのカメラで見た目が最も変わった点としては、iPhone13 mini・iPhone13のカメラ配置が斜めになったことです。

カメラ配置については、センサーシフト光学式手ぶれ補正などの機能強化により、縦に配置するのが難しくなったのではないでしょうか。

iPhone13のカメラの絞り値は変わった?|iPhone13 Proシリーズのみ変化あり

iPhone13シリーズに搭載されたカメラの絞り値はどのように変化したのでしょうか。

表にまとめると下記の通りとなります。

機種名・iPhone12 mini
・iPhone12
・iPhone13 mini
・iPhone13
iPhone12 ProiPhone12 Pro Max・iPhone13 Pro
・iPhone13 Pro Max
超広角ƒ/2.4ƒ/2.4ƒ/2.4ƒ/2.4ƒ/1.8
広角ƒ/1.6ƒ/1.6ƒ/1.6ƒ/1.6ƒ/1.5
望遠搭載なし搭載なし‐ƒ/2.0ƒ/2.2ƒ/2.8

iPhone13 miniとiPhone13では、iPhone12 miniとiPhone12の絞り値と変化はありません。

一方、iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxに搭載されているカメラでは、iPhone12 ProやiPhone12 Pro Maxと比べて、絞り値に大きな変化が見られます。

絞り値は数字が小さいほど明るい写真が撮影可能です。

iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxでは、広角レンズと望遠レンズでは絞り値が大きくなりました。

一方で、超広角レンズでは絞り値が小さくなりより明るい写真が撮影可能になりました。

iPhone13 Proシリーズ|「マクロ撮影機能」と「オートフォーカス」が搭載

iPhone13シリーズでは、iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxにのみ搭載された機能があります。

「マクロ撮影機能」と、超広角レンズへの「オートフォーカス」です。

マクロ撮影機能は超広角レンズに搭載されていて、よりシャープで美しい接写ができるようになりました。

また、超広角レンズにもオートフォーカスが搭載されたことで、iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxについているすべてのレンズがナイトモード対応となっています。

iPhone13のカメラ性能にどのような声!レビューを検証

ここではiPhone13のカメラ性能のレビューを見ていきましょう。

今回は、以下2つの内容を紹介します。

順番に確認していきましょう。

カメラ機能のアップデートに期待|ナイトモードなど

iPhone13の機能のなかでカメラ機能のアップデートに注目する口コミが多く見られました。

Twitterでは、iPhone13のカメラ機能の進化に期待するという声が多く見られました。

MacRumorsによると超広角レンズが内蔵されるという情報があります。

ナイトモードも強化されるとのことです。

iPhone13のカメラ機能に期待を寄せる意見がありました。

カメラの位置や厚み、大きさが気になる|カメラの見た目が嫌との意見

Twitter上では、iPhone13のカメラの位置や大きさが気に入らないとの声がありました。

iPhone13では、カメラが大きくなる予定です。

MacRumorsによると、iPhone12シリーズではカメラバンプは1.5mmから1.7mmの範囲でした。

iPhone13ではカメラバンプは2.51mm、iPhone13 Proでは、カメラバンプは3.65mmとなるそうです。

カメラが大きくなると、位置が気に入らない、レンズ部分が嫌いなどの声が上がりました。

DuanRui氏は、Twitter上でiPhone13の大きさがわかる画像を公開しています。

DuanRui氏が公開した画像を見るとiPhone13のカメラのサイズは大きいことがわかります。

まとめ:iPhone13のカメラ性能は、iPhone12よりもさらに進化していた!

iPhone13のカメラ性能についてまとめました。

iPhone13のカメラでは、「シネマティックモード」などの新機能が登場しています。

カメラ機能目当てでiPhone13を購入するのも、選択肢のひとつなので、検討してみてください。