農家の今を変えるのはテクノロジー? ドローンやIoTの農業活用例とは 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

農家の今を変えるのはテクノロジー? ドローンやIoTの農業活用例とは 1枚目の写真・画像

 優れた肥料。電気分解やマイクロバブルで成長力を高める農業用水。さらには、太陽電池、鳥獣駆除、植物工場など……。日進月歩する農業の最先端を垣間見れる、日本最大の農業展「農業ワールド2016」が幕張メッセで開催中だ。

IT・デジタル その他

関連ニュース

TEADの「Mulsan DAX04」。タンク容量は10リットルと、認定を受けているドローンでは最も大きい。1フライト10分~15分で、約1ヘクタールへの散布が可能
TEADの「Mulsan DAX04」。タンク容量は10リットルと、認定を受けているドローンでは最も大きい。1フライト10分~15分で、約1ヘクタールへの散布が可能

編集部おすすめの記事

特集

IT・デジタル アクセスランキング

  1. 【仏教とIT】第8回 世界よ、もっとナムくなれ

    【仏教とIT】第8回 世界よ、もっとナムくなれ

  2. Apple Watch Series 4は“買い”なのか?新旧モデルを比較検証

    Apple Watch Series 4は“買い”なのか?新旧モデルを比較検証

  3. NHK、『8K完全版 2001年宇宙の旅』を世界初放送!

    NHK、『8K完全版 2001年宇宙の旅』を世界初放送!

  4. Lightning接続の外付けマイクでクリアな音を録る!【最新iPhoneを使いこなす】

  5. 9.7インチ新iPadを仕事の現場で試してみた!ライターとデザイナーの場合

  6. スマホリング以外も! スマホの「落下・ひび割れ」防止におすすめのアクセサリー4選

  7. リコー、薄紙・厚紙など特殊用紙にプリントできるA3モノクロレーザープリンタ——毎分35枚

  8. 【最新iPhoneを使いこなす】第7回 iPhone 8発売!ケースはどうする?

  9. iPhone Xに変えてわかった、Suicaの利用はFace IDが便利【最新iPhoneを使いこなす】

  10. 住所を教えなくても届く年賀状! 日本郵政が11月よりサービス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top