【画像】災害時の空飛ぶ電波塔!…NICTの「小型無線飛行機を使用したワイヤレス中継伝送技術」 (1/2)| RBB TODAY

災害時の空飛ぶ電波塔!…NICTの「小型無線飛行機を使用したワイヤレス中継伝送技術」 1枚目の写真・画像

エンタープライズ その他

関連ニュース

「ワイヤレスジャパン2015」のNICTブースに展示されていた小型無人飛行機は翼長約2.8m,重量約6Kg、連続飛行時間は2~3時間程度。2GHz帯を使用し通信可能区域は約15Kmとなっている(撮影:編集部)
「ワイヤレスジャパン2015」のNICTブースに展示されていた小型無人飛行機は翼長約2.8m,重量約6Kg、連続飛行時間は2~3時間程度。2GHz帯を使用し通信可能区域は約15Kmとなっている(撮影:編集部)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

  2. 早大、次世代ウェアラブルに向け「電子ナノ絆創膏」開発

    早大、次世代ウェアラブルに向け「電子ナノ絆創膏」開発

  3. 動線分析や位置情報とも連携!今注目の企業向け無線LANソリューションとは?

    動線分析や位置情報とも連携!今注目の企業向け無線LANソリューションとは?

  4. マルチアングルでプロレス番組を自分で編集……VIXT開発者に聞く

  5. 【SXSW2015】日本も負けてない……トレードショーで見たイノベーション

  6. 【マイナンバーQ&A】病歴、職歴、離婚歴、資産などもマイナンバーから分かるの?<個人編>

  7. マクドナルド店舗の実態、第三者検査機関に同行

  8. FJM、教育機関向けデータ共有ソリューション「clbox」提供開始

  9. 専門家による記事作成サービス「Shinobiライティング《ヘルスケア》 」スタート

  10. 最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(後編)

アクセスランキングをもっと見る

page top