火山監視にも使える無人機搭載用小型サーモカメラが登場 | RBB TODAY

火山監視にも使える無人機搭載用小型サーモカメラが登場

エンタープライズ その他

マルチコプター(ドローン)に搭載し、ソーラーパネルの点検や構造物の剥離診断などへの活用を想定している(画像はプレスリリースより)
  • マルチコプター(ドローン)に搭載し、ソーラーパネルの点検や構造物の剥離診断などへの活用を想定している(画像はプレスリリースより)
  • 200万画素カメラとSDカードスロットを搭載した試作機。320x240画素、温度分解能0.04度の赤外線画像を撮影する(画像はプレスリリースより)
  • 赤外線撮影をしたソーラーパネル。きちんと日が当たっているか、発電しているかを確認できる(画像はプレスリリースより)
  • マルチコプターを組み合わせてビルの外壁診断を行っている様子。他にも火山監視などにも応用できる(画像はプレスリリースより)
 日本アビオニクスはマルチコプターや災害用ロボットなどの無人機へ搭載する赤外線サーモグラフィカメラ「リモートサーモカメラ」の試作機を開発し、テスト販売を開始したことを発表した。

 試作機は400gの小型軽量ボディに200万画素のカメラとSDカードスロットを搭載し、赤外線画像センサーで320x240画素、温度分解能0.04度の高画質な熱画像を取得することが可能となっている。

 無人機に搭載して太陽光パネルの点検や、ビルの外壁診断、棟梁点検などを、可視画像と赤外線映像の両方で行うことができる。画像データの記録は本体のみで行うため、無人機から無線伝送することによるデータ欠損などの心配が不要な点も特徴としている。

 測定温度範囲は -40~1,500度。火山監視などの高温状況調査にも対応が可能。長時間バッテリーセットを使用した場合は、最長8時間の連続動作を可能としている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top