山間部での防災カメラ設置を可能にする通信システム「iPASOLINK SX」……NEC | RBB TODAY

山間部での防災カメラ設置を可能にする通信システム「iPASOLINK SX」……NEC

エンタープライズ その他

「iPASOLINK SX」本体はPoE給電で動作するアンテナ一体型の小型無線装置。ポール設置を基本としており、重量5Kgと設置が容易な点も特徴としている(画像はプレスリリースより)
  • 「iPASOLINK SX」本体はPoE給電で動作するアンテナ一体型の小型無線装置。ポール設置を基本としており、重量5Kgと設置が容易な点も特徴としている(画像はプレスリリースより)
  • NECでは、本製品を27日より東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2015」に出品することを予定している(画像は公式Webサイトより)
 NECは25日、島根県知夫村の情報通信環境整備の一環で、防災カメラの無線伝送網として超小型マイクロ波通信システム「iPASOLINK SX」を納入したことを発表した。同製品は光ファイバー網の設置が困難な山岳部などで、無線によるネットワークを天候に左右されずに構築することを可能としている。

 「iPASOLINK SX」は無線ライセンスが不要な60GHz帯を使用した無線通信システムで、全天候型・アンテナ一体型の小型装置である点を特徴としている。IPベースモバイルバックホール、LTE・WiMAX等のスモールセル、ビル間通信の専用回線や光ファイバー回線のバックアップ回線、また災害時の臨時回線としての利用も想定されている。

 島根県知夫村は島根県隠岐諸島の最南端に位置しており、ビルや信号などがない自然豊かな環境となっている。防災カメラの伝送網として「iPASOLINK SX」が納入されたことで、村内の情報をリアルタイムに配信することが可能となっている。

 なお、本製品は、27日より東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2015」でデモンストレーションが予定されている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top