ケンウッド、高感度で広角撮影可能なカーナビ用リアビューカメラ2機種が登場 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

ケンウッド、高感度で広角撮影可能なカーナビ用リアビューカメラ2機種が登場 1枚目の写真・画像

JVCケンウッドはカーナビゲーション用のリアビューカメラを2機種、「CMOS-230」「CMOS-230W」を3月上旬より販売開始する。最低被写体照度0.9ルクスの暗視能力で視認性の高い後方確認が可能となっている点が特徴だ。

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

後方確認用の広角鏡像出力により、撮影画角は水平約130度/垂直約101度となっている(画像は同社リリースより)。
後方確認用の広角鏡像出力により、撮影画角は水平約130度/垂直約101度となっている(画像は同社リリースより)。

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(後編)

    最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(後編)

  2. 【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

    【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

  3. 連続稼働が可能な監視用ドローン「PARC」を展示……モトローラ

    連続稼働が可能な監視用ドローン「PARC」を展示……モトローラ

  4. シャープ、台湾の鴻海が買収……国内大手電機が初の外資傘下に

  5. NICT、機器の位置情報をレイヤ3スイッチに自動設定する技術「HANA」を世界初実装

  6. 【導入事例】「自社製品の強みを自力で発信したい」生産財メーカーならではのWeb活用にアイオーWebパイロットを採用——マックスレーン株式会社

  7. 危険物質を検知・可視化するハイパースペクトラルカメラ

  8. アバイア、エージェントの座席表・稼働状況を「見える化」したコンタクトセンター向けアプリ

  9. 防犯・防災活用を想定した多機能街路灯をデモ展示

  10. 【本気の瞬間を聞く Vol.1】アートディレクター秋山具義……あなたはなぜその仕事するのか

アクセスランキングをもっと見る

page top