富士通社員10万人が使う誤送信ソリューションを拡張、標的型メール攻撃検知 4枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通社員10万人が使う誤送信ソリューションを拡張、標的型メール攻撃検知 4枚目の写真・画像

標的型サイバー攻撃の第1ステップは、メールを用い、人間という脆弱性を突いてくるケースが大半だ。今回の富士通研究所の技術は、その対策として重要なテストケースとなるだろう。

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

社外からのメールの場合、過去の受信履歴から送信者ごとの特徴を学習し、類似性で判定
社外からのメールの場合、過去の受信履歴から送信者ごとの特徴を学習し、類似性で判定

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. DVDレンタルのゲオ、カード不要でスマホのみの会員認証が可能に……『ゲオアプリ』

    DVDレンタルのゲオ、カード不要でスマホのみの会員認証が可能に……『ゲオアプリ』

  2. HPが新発見――「memristor」で演算機能とメモリ機能を統合

    HPが新発見――「memristor」で演算機能とメモリ機能を統合

  3. 多言語を習得するメカニズムを“脳科学的”に初調査……東大・MITなど

    多言語を習得するメカニズムを“脳科学的”に初調査……東大・MITなど

  4. 米Oracle、戦略的ソーシングを支援するSaaS型ソリューション「Oracle Sourcing On Demand」を発表

  5. NTT Com、エントリー型広域イーサネットサービス「Group-Ether」を提供開始

  6. 佐川急便、スマホにサインで荷物を受領できる「電子サイン」開始

  7. 日本HP他3社、エンプラ向け統合ID管理で協業 〜Gmailなど「Google Apps」のSaaSをSSOで利用可能に

  8. BIGLOBE、放送事業者向け「ツイッターリアルタイム分析サービス」提供開始……第1号はフジテレビ

  9. 飲食業界のおもてなしを向上するネットワークカメラの新提案……アロバ

  10. 低解像度の監視カメラ映像から個人特定を可能に

アクセスランキングをもっと見る

page top