富士通社員10万人が使う誤送信ソリューションを拡張、標的型メール攻撃検知 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通社員10万人が使う誤送信ソリューションを拡張、標的型メール攻撃検知 1枚目の写真・画像

標的型サイバー攻撃の第1ステップは、メールを用い、人間という脆弱性を突いてくるケースが大半だ。今回の富士通研究所の技術は、その対策として重要なテストケースとなるだろう。

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

富士通研究所 ソフトウェアシステム研究所 セキュアコンピューティング研究部 森永正信氏(左)、吉岡孝司氏(右)
富士通研究所 ソフトウェアシステム研究所 セキュアコンピューティング研究部 森永正信氏(左)、吉岡孝司氏(右)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 楽天、Jリーグに本格参入……「ヴィッセル神戸」全株式を取得

    楽天、Jリーグに本格参入……「ヴィッセル神戸」全株式を取得

  2. 【マイナンバーQ&A】病歴、職歴、離婚歴、資産などもマイナンバーから分かるの?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】病歴、職歴、離婚歴、資産などもマイナンバーから分かるの?<個人編>

  3. ソフトバンクグループ通信3社、ブランドロゴをシルバータイプに統一

    ソフトバンクグループ通信3社、ブランドロゴをシルバータイプに統一

  4. 日本ユニシスとKCCS、改ざん検知・変更管理ソリューション「Tripwire」提供で協業

  5. 抱きつくと絵柄が変わるXmasツリー……DNPと味の素ゼネラルフーヅ、プロジェクションマッピング活用

  6. キヤノンシステムソリューションズ、高検出率が特徴のアンチウイルスソフトを発売

  7. 日本旅行のバスプラザ、スマートフォンで予約が可能に

  8. 富士通研、下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発

  9. デンソー、東京支社に先端技術開発部門を設置

  10. ウィルコム、「WILLCOM CORE 3G」専用データ通信カード「HX006ZT」を販売開始

アクセスランキングをもっと見る

page top