富士通社員10万人が使う誤送信ソリューションを拡張、標的型メール攻撃検知 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通社員10万人が使う誤送信ソリューションを拡張、標的型メール攻撃検知 1枚目の写真・画像

標的型サイバー攻撃の第1ステップは、メールを用い、人間という脆弱性を突いてくるケースが大半だ。今回の富士通研究所の技術は、その対策として重要なテストケースとなるだろう。

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

富士通研究所 ソフトウェアシステム研究所 セキュアコンピューティング研究部 森永正信氏(左)、吉岡孝司氏(右)
富士通研究所 ソフトウェアシステム研究所 セキュアコンピューティング研究部 森永正信氏(左)、吉岡孝司氏(右)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 2020年までにモバイルで1Gbps超えを実現!……UQ 野坂社長

    2020年までにモバイルで1Gbps超えを実現!……UQ 野坂社長

  2. リアルタイムでPCから視聴できる業務用ドライブレコーダーが登場

    リアルタイムでPCから視聴できる業務用ドライブレコーダーが登場

  3. 学校と同じソフトを家庭でも、ジャストシステムが限定版を無償提供

    学校と同じソフトを家庭でも、ジャストシステムが限定版を無償提供

  4. 東京電力、福島原発事故による損害の補償基準を発表

  5. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  6. 電子書籍の人気作品、iPad・iPhone・Androidで大きな違い……イーブック調べ

  7. 映像監視とプライバシー保護を両立する新技術……キヤノン

  8. MobageとGREEの課金率、年代が高まるほど上昇、キャリア1位はドコモ……シードP調べ

  9. 「support@twitter.com」を騙るスパムメールが出現 ~ Twitterが注意喚起

  10. 【マイナンバーQ&A】アルバイト従業員のマイナンバー管理はどうすればいいのか?<法人編>

アクセスランキングをもっと見る

page top