富士通社員10万人が使う誤送信ソリューションを拡張、標的型メール攻撃検知 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通社員10万人が使う誤送信ソリューションを拡張、標的型メール攻撃検知 2枚目の写真・画像

標的型サイバー攻撃の第1ステップは、メールを用い、人間という脆弱性を突いてくるケースが大半だ。今回の富士通研究所の技術は、その対策として重要なテストケースとなるだろう。

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

疑わしいメールは警告が出る、プレビュー機能で本文内容を確認することができる
疑わしいメールは警告が出る、プレビュー機能で本文内容を確認することができる

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【視点】三重県の町工場から生まれた「魔法のフライパン」の開発秘話

    【視点】三重県の町工場から生まれた「魔法のフライパン」の開発秘話

  2. 文系や経験ゼロでもエンジニアになれる!? 派遣でスキルアップという選択

    文系や経験ゼロでもエンジニアになれる!? 派遣でスキルアップという選択

  3. ソニー、次世代ハッシュ関数アルゴリズム「AURORA」を開発〜SHA-3候補の1つに正式認定

    ソニー、次世代ハッシュ関数アルゴリズム「AURORA」を開発〜SHA-3候補の1つに正式認定

  4. 緊急地震速報と連携できる照明用の遠隔制御システム……大光電機

  5. マツダ、統合制御システム開発本部の新設など組織改革

  6. Dropbox、大規模ビジネスユーザー向け「Dropbox Enterprise」提供開始

  7. 【FINETECH JAPAN 2011(Vol.3)】NTTドコモのMEDIASやXperia arcなどに採用、世界最薄タッチパネル

  8. 3割以上の法人、従業員によるSNS・掲示板への書き込み内容を把握……ネットスター調べ

  9. 東大に挑戦するロボ、3科目で偏差値60超え

  10. 「LINE」、企業向け公式アカウントを提供開始……ローソン、すき家などが参加

アクセスランキングをもっと見る

page top