ノートPCの40%を供給する台湾OEMメーカーが日本のサーバ市場に参入 4枚目の写真・画像 | RBB TODAY

ノートPCの40%を供給する台湾OEMメーカーが日本のサーバ市場に参入 4枚目の写真・画像

 台湾のクアンタコンピュータ社は4月16日、同社のIAサーバおよびイーサネットスイッチを日本ネットワークストレージラボラトリを通して日本で本格販売することを発表し、同製品の日本戦略に関する合同記者発表会を開催した。

エンタープライズ その他

関連ニュース

QSSCイーサネットスイッチ製品
QSSCイーサネットスイッチ製品

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【連載・視点】合成繊維の技術で作れないものはない!成功を呼び込んだ小松精練の戦略

    【連載・視点】合成繊維の技術で作れないものはない!成功を呼び込んだ小松精練の戦略

  2. 地方のPR戦略、有名タレントやゆるキャラが動画に登場

    地方のPR戦略、有名タレントやゆるキャラが動画に登場

  3. 富士通、QoSの「見える化」と大規模NW監視運用が可能なNGN対応管理ソリューション

    富士通、QoSの「見える化」と大規模NW監視運用が可能なNGN対応管理ソリューション

  4. 【インタビュー】e-Taxで税額控除も!ICカードリーダライタ導入の利点

  5. JPRS、全国の中学・高校に「インターネットの仕組み」について学べるマンガ小冊子を無償配布

  6. 経産省とIPA、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を策定

  7. 酒離れにストップ!蔵元の若手を集めた「ナゴヤクラウド」が地酒をアピール

  8. 【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

  9. ららぽーと初海外進出、上海金橋に2017年オープン

  10. 「UQ」ブランドを統合へ……UQが、KDDIバリューイネイブラーを吸収合併

アクセスランキングをもっと見る

page top