ノートPCの40%を供給する台湾OEMメーカーが日本のサーバ市場に参入 4枚目の写真・画像 | RBB TODAY

ノートPCの40%を供給する台湾OEMメーカーが日本のサーバ市場に参入 4枚目の写真・画像

 台湾のクアンタコンピュータ社は4月16日、同社のIAサーバおよびイーサネットスイッチを日本ネットワークストレージラボラトリを通して日本で本格販売することを発表し、同製品の日本戦略に関する合同記者発表会を開催した。

エンタープライズ その他

関連ニュース

QSSCイーサネットスイッチ製品
QSSCイーサネットスイッチ製品

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  2. 女性の悲鳴を検知し警報装置などが作動する「悲鳴認識モジュール」

    女性の悲鳴を検知し警報装置などが作動する「悲鳴認識モジュール」

  3. 日産自動車、次世代車載情報通信システム「IVI」にインテルAtom採用……2013年より生産開始

    日産自動車、次世代車載情報通信システム「IVI」にインテルAtom採用……2013年より生産開始

  4. NTT Com、オブジェクトストレージサービス「Biz ホスティング Cloudn Object Storage」提供開始

  5. 年間150万人を集客! 人口3500人の村を変えた「道の駅」の存在

  6. 埼玉県とソフトバンクグループ、バス運行状況システム「バスcoi」の社会実験を開始

  7. PCレスで録画環境を構築できるネットワークカメラ専用装置が発売

  8. データを一瞬で消去するハードディスククラッシャー新製品が登場

  9. Right-on、試着ができるデジタルサイネージ「ライトオンARミラー」設置

  10. フリービット、指紋認証付きUSBメモリを使ったVPN型シンクライアントサービス

アクセスランキングをもっと見る

page top