NTT Com、日中米間を結ぶ新光海底ケーブル「Trans-Pacific Express」建設を発表 | RBB TODAY

NTT Com、日中米間を結ぶ新光海底ケーブル「Trans-Pacific Express」建設を発表

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は25日に、各国主要キャリアと共同で、日本・中国大陸・韓国・台湾・米国間を結ぶ新しい大容量光海底ケーブル「Trans-Pacific Express」(略称TPE)を建設することに合意し、共同建設協定を締結したことを発表した。

ブロードバンド その他
Trans Pacific Express ケーブルルート概要図
  • Trans Pacific Express ケーブルルート概要図
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は25日に、各国主要キャリアと共同で、日本・中国大陸・韓国・台湾・米国間を結ぶ新しい大容量光海底ケーブル「Trans-Pacific Express」(略称TPE)を建設することに合意し、共同建設協定を締結したことを発表した。

 TPEは総延長約18,000km、最大5.12Tbpsとなる海底ケーブルで、NTT Comのほか、中国China Telecommunications、China Network Communications、China United Telecommunications、韓国KT Corporation、台湾Chunghwa Telecom、米国AT&T、Verizon Businessが建設に参画する。すでに、第1フェーズとして中国大陸・韓国・台湾と米国間のダイレクトルート(南ルート)を建設中で、今回、第2フェーズとして日本を経由するルート(北ルート)を建設する。日本における陸揚局は、首都圏に近い新丸山局(新設:千葉県南房総市)とし、他の主要ケーブルとの接続性を確保する。日中間を2009年第1四半期より、日米間を2010年初頭より運用開始する予定。
 なおTPE建設については、同日、全コンソーシアムメンバーにより全世界同時に発表されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top