ノートPCの40%を供給する台湾OEMメーカーが日本のサーバ市場に参入 3枚目の写真・画像 | RBB TODAY

ノートPCの40%を供給する台湾OEMメーカーが日本のサーバ市場に参入 3枚目の写真・画像

 台湾のクアンタコンピュータ社は4月16日、同社のIAサーバおよびイーサネットスイッチを日本ネットワークストレージラボラトリを通して日本で本格販売することを発表し、同製品の日本戦略に関する合同記者発表会を開催した。

エンタープライズ その他

関連ニュース

QSSCサーバ製品
QSSCサーバ製品

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【まちてん】長野県小布施町、Googleから機材を借りて町おこし!

    【まちてん】長野県小布施町、Googleから機材を借りて町おこし!

  2. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  3. 【連載・視点】地域の資産を有効活用!下諏訪で生まれた「温泉ストーブ」

    【連載・視点】地域の資産を有効活用!下諏訪で生まれた「温泉ストーブ」

  4. 農業IT化の市場規模、2020年に9倍…クラウドは28倍

  5. 最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(前編)

  6. 【マイナンバーQ&A】病歴、職歴、離婚歴、資産などもマイナンバーから分かるの?<個人編>

  7. NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

  8. 最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(後編)

  9. ソフトバンクグループ通信3社、ブランドロゴをシルバータイプに統一

  10. 文房具市場、ボールペンが停滞しシャープペンシルが拡大

アクセスランキングをもっと見る

page top