ノートPCの40%を供給する台湾OEMメーカーが日本のサーバ市場に参入 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

ノートPCの40%を供給する台湾OEMメーカーが日本のサーバ市場に参入 2枚目の写真・画像

 台湾のクアンタコンピュータ社は4月16日、同社のIAサーバおよびイーサネットスイッチを日本ネットワークストレージラボラトリを通して日本で本格販売することを発表し、同製品の日本戦略に関する合同記者発表会を開催した。

エンタープライズ その他

関連ニュース

クアンタコンピュータ社 QSSC担当ディレクター兼総責任者 ジェーソン・ファン 氏
クアンタコンピュータ社 QSSC担当ディレクター兼総責任者 ジェーソン・ファン 氏

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 2020年までにモバイルで1Gbps超えを実現!……UQ 野坂社長

    2020年までにモバイルで1Gbps超えを実現!……UQ 野坂社長

  2. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  3. NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

    NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

  4. 【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

  5. 複数の監視カメラ映像を統合し俯瞰化!三菱電機が新技術を公開

  6. 防火/防煙シャッター用安全装置「無線式危害防止装置“マジックセーフ”」

  7. 日産自動車、次世代車載情報通信システム「IVI」にインテルAtom採用……2013年より生産開始

  8. 建設業界、五輪後の市場はどうなる?……アナリストが解説

  9. コレガからPoE対応フルHDネットワークカメラが3製品新登場

  10. 年間150万人を集客! 人口3500人の村を変えた「道の駅」の存在

アクセスランキングをもっと見る

page top