ノートPCの40%を供給する台湾OEMメーカーが日本のサーバ市場に参入 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

ノートPCの40%を供給する台湾OEMメーカーが日本のサーバ市場に参入 2枚目の写真・画像

 台湾のクアンタコンピュータ社は4月16日、同社のIAサーバおよびイーサネットスイッチを日本ネットワークストレージラボラトリを通して日本で本格販売することを発表し、同製品の日本戦略に関する合同記者発表会を開催した。

エンタープライズ その他

関連ニュース

クアンタコンピュータ社 QSSC担当ディレクター兼総責任者 ジェーソン・ファン 氏
クアンタコンピュータ社 QSSC担当ディレクター兼総責任者 ジェーソン・ファン 氏

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  2. 1円単位で額面を選べる「Amazonギフト券 バリアブルカード」、コンビニで販売開始

    1円単位で額面を選べる「Amazonギフト券 バリアブルカード」、コンビニで販売開始

  3. “モノづくり革命”進行中!3Dプリンタの原理・種類・メリットを徹底比較!!(前編)

    “モノづくり革命”進行中!3Dプリンタの原理・種類・メリットを徹底比較!!(前編)

  4. ロッカーも指紋認証式に……立命館大、導入後は盗難被害なし

  5. アジレント、PCをオシロスコープにするUSB接続式モジュラ型測定器群を発表

  6. これで野球場でのビール販売が楽になる!「楽しょうサーバー」開発

  7. 餃子の王将、 餃子と麺の主要食材の国産化切り替えを発表

  8. サイレックスから9,400円のUSBデバイスサーバーが登場

  9. 消費カロリーの計測&洗濯も可能! 衣料型ウェアラブルを開発……グンゼとNEC

  10. 【テクニカルレポート】仮想化の落とし穴と脱出法……ユニシス技報

アクセスランキングをもっと見る

page top