乃木坂46、大みそか『紅白』の舞台裏を大公開!メンバーの絆と仲良しぶりに大反響 | RBB TODAY

乃木坂46、大みそか『紅白』の舞台裏を大公開!メンバーの絆と仲良しぶりに大反響

エンタメ その他
生田絵梨花 <撮影 竹内みちまろ>
  • 生田絵梨花 <撮影 竹内みちまろ>
【PICK UP】

 乃木坂46が、15日配信のYouTubeチャンネル『乃木坂配信中』で、大みそかの『第72回NHK紅白歌合戦』の舞台裏を公開した。

 まだ本番前のリラックスした雰囲気からスタートした動画。カメラの前にメンバーがそれぞれやって来ては、「出番まで、まだまだで~す」(樋口日奈)、「イチゴ食べてました~」(田村真佑)など報告。さらに2期生の山崎怜奈、鈴木絢音、北野日奈子は「毎年の恒例行事」として、「だるまさんが転んだ」で大盛り上がり。

 この後、いよいよ『紅白』の放送がスタート。グループ全体で歌う前に、すでに出番のあるメンバーが衣装に着替えてバックヤードから会場に向かう光景も。その合間を縫って腹ごしらえをする秋元真夏のもとに、和田まあやと星野みなみが加わり、楽し気に1期生トーク。さらに秋元は齋藤飛鳥とも掛け合いを見せた。

 そんな『紅白』の特別企画である『マツケンサンバII』にダンサーとして出演していたのが、山下美月、清宮レイ、早川聖来の3人。彼女たちは同21年12月26日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)の中で、卒業する生田絵梨花に依頼され、忘年会の出し物として『マツケンサンバ』を披露していた。すると、番組でパフォーマンスした3日後に『紅白』からオファーが来たという。松平健との夢の共演に3人は、「生田さんが選んでくださったお陰です」と感謝していた。

 いよいよ、乃木坂の出番。メンバー全員が円陣を組み、キャプテン秋元の挨拶のあと、恒例の掛け声でステージへ。出演後は、この日をもって卒業する生田を全員で祝福。「お疲れ様!」とねぎらうと、生田も笑顔で「ありがとう!」と感謝していた。

 先輩、後輩関係なく仲良さそうにじゃれ合ったり、グループを10年間つないできた絆が垣間見える動画にコメント欄には「本番もとてもよかったけど裏側の雰囲気もとてもとても最高~!公開ありがとうございます!!!」「なんて温かいグループなんだ。最高すぎる」「紅白の裏側まで見せてくれる「公式」チャンネル他にないだろ。神すぎる」といった声が寄せられている。

《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top