坂上忍、首相のコロナ方針転換に怒り「全てが裏目、裏目」 | RBB TODAY

坂上忍、首相のコロナ方針転換に怒り「全てが裏目、裏目」

エンタメ その他
坂上忍【撮影:椿山】
  • 坂上忍【撮影:椿山】
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 坂上忍が、4日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、菅義偉首相に怒りの声をあげる一幕があった。


 首相は一昨日、医療体制を巡る新たな方針を発表。軽症や中等症の一部患者は自宅療養を基本とし、地域の診療所の往診やオンライン診断などで経過観察を行うというものだ。

 中等症レベルでも酸素投与を必要とする患者もおり、また軽度でも万が一急変した場合はどうするのかなど不安は尽きないが、首相は「自宅療養者の症状が悪くなった場合には、 必ず、すぐに入院できる体制を整備する」と、切迫した問題であるにも関わらず、これから体制作りを始めようとするありさま。

 これについて坂上は、延長となった緊急事態宣言についても触れつつ、「僕はもう暗に政府が感染爆発、医療ひっ迫というのを認めたに等しいと思っている」と私見。

 さらに彼は今の感染爆発に関して「(オリパラが)間接的な要因であることは間違いない」とした上で、「許せないのは、総理も小池都知事も、今の感染爆発状況とオリパラというのを全く結び付けようとしない。あの誠意のない答え方をいつまで続けるんだというのは一番腹立たしい」と激怒。

 さらに坂上は、首相が答弁していた、「国民の命と健康を守りながらオリンピックを開催することは可能。ワクチン接種者が極めて順調に増えているため、オリンピック開催が感染拡大に影響を与えるとの懸念には当たらない」というコメントを持ち出し、「ミスリードも甚だしい。全てが裏目、裏目。もうちょっと誠実に現実を伝えていってくれないと、この先どうなってくんだろうと不安が募ってしまう」と訴えていた。

 おぎやはぎ小木博明も政府に失望。「1年半前から本当に全く勉強しない」「自宅療養者に関しては見捨てられたような感じがしますもんね。政府からも、医者からも」と語気を強めていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top