東野幸治、60歳でテレビ引退の意向 「あとは漫談とか講演会とか」 | RBB TODAY

東野幸治、60歳でテレビ引退の意向 「あとは漫談とか講演会とか」

エンタメ その他
東野幸治 撮影:編集部
  • 東野幸治 撮影:編集部
 お笑いタレントの東野幸治が、司会を務める25日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、60歳でテレビから引退する意向を表明した。

 番組では、今後挑戦してみたいことが話題に。東野は「60ぐらいまではテレビ出ときたいなと思って。あと6年ぐらい。60ぐらいになってきたらだんだん煙たがられたり、スタッフとか出演者も若くなるから、だんだんと嫌がられるから」と語った。

 これに石原良純が「そんなこと言うなよ。俺59だよ。60で嫌がるんじゃないよ」と怒り出すと、東野は「こんなコメントしたら絶対あかんねんなと。気をつけようと。反面教師ですよ」と応じた。石原はさらに「俺はマジでここで生き残っていかなきゃいけないんだからね」とまくしたてた。

 東野は「60過ぎたらもう若い人に譲っていかないとダメじゃないですか。去っていきましょうよ」と石原を諭した上、60歳を過ぎてからのことについては「演芸場とかで漫談の舞台とか、講演会とか」と話した。
《角谷》

関連ニュース

特集

page top