『ドラゴン桜』で話題!細田佳央太出演の映画『子供はわかってあげない』場面写真公開! | RBB TODAY

『ドラゴン桜』で話題!細田佳央太出演の映画『子供はわかってあげない』場面写真公開!

エンタメ 映画・ドラマ
(c)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (c)田島列島/講談社
  • (c)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (c)田島列島/講談社
  • (c)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (c)田島列島/講談社
  • (c)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (c)田島列島/講談社
  • (c)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (c)田島列島/講談社
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 現在放送中のドラマ『ドラゴン桜』(TBS)で発達障害の生徒・原健太を演じ、その高い演技力が注目を集める細田佳央太。このほど、映画『子供はわかってあげない』で細田が演じる“もじくん”こと門司の場面写真が公開となった。


 原作は長編デビュー作ながら「マンガ大賞2015」2位にランクインした田島列島の同名漫画。高校2年生の水泳部女子・美波(上白石)は、書道部男子のもじくん(細田)との運命の出会いをきっかけに幼い頃に別れた父親の居所を探し当てる。何やら怪しげな父にとまどいながらも、海辺の町で夏休みをいっしょに過ごすが……。

 今回公開となった場面写真では、もじくんが美波と楽しげに会話する姿や、DVDを手渡す姿などが映し出されている。また、何かを見つめるもじくんと、後ろからニヤリと彼を見つめる探偵である兄(千葉雄大)の姿をとらえたもの、そして必死な表情で走るもじくんの姿を切り取ったカットなども公開となった。

 主演の上白石は細田に対し、「お芝居をするうえで一番助けられた存在」と語り、「門司くんは彼そのもので、細田さんがいなければ美波を演じきれなかったかもしれないと思うほどです」と絶賛した。

 映画『子供はわかってあげない』は8月13日にテアトル新宿で先行公開。同月20日から全国公開となる。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top