乃木坂46の1期生ライブ開催!ユーモアたっぷりのメンバープロデュース企画も実施! | RBB TODAY

乃木坂46の1期生ライブ開催!ユーモアたっぷりのメンバープロデュース企画も実施!

エンタメ その他
乃木坂46 1期生ライブ
  • 乃木坂46 1期生ライブ
  • 乃木坂46 1期生ライブ
  • 乃木坂46 1期生ライブ
  • 乃木坂46 1期生ライブ
  • 乃木坂46 1期生ライブ
  • 乃木坂46 1期生ライブ
  • 乃木坂46 1期生ライブ
  • 乃木坂46 1期生ライブ
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 乃木坂46が29日、1期生メンバーのみのライブを生配信した。


 今年2月に開催されたライブ「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」で当初、1期生から4期生までが期別にライブを開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期に。今回のライブはその期別ライブが延期となり開催に至ったものだ。

乃木坂46 1期生ライブ
乃木坂46 1期生ライブ

 オープニングを飾ったのは4枚目シングル『制服マネキン』。メンバーはどこか懐かしさを感じさせる当時のセーラー服に身を包みパフォーマンスを披露。その後、「会いたかったかもしれない」「指望遠鏡」「君の名は希望」と、初期のナンバーを披露した。

乃木坂46 1期生ライブ

 ライブ中盤ではメンバーがメンバーをプロデュースする企画へ。齋藤飛鳥プロデュースの秋元真夏は、猫のようにニャーニャーと4期生曲「Out of the blue」を披露。松村沙友理プロデュースの高山一実は、ピアノの弾き語りで「僕のこと、知ってる?」を披露するも、途中からはピアノの弾き語りふうという“落ち”があったり、さらに、秋元プロデュースの齋藤は「ロマンスのスタート」を歌いながら、秋元からのリクエストに応えなくてはならず、歌っている途中でさまざまな表情を披露し、最後にはキス顔を見せる場面も。メンバーの個性あふれるユーモアたっぷりの企画コーナーとなった。

乃木坂46 1期生ライブ
乃木坂46 1期生ライブ

 終盤では1期生メンバーの「The Original」と題され、代表曲の「インフルエンサー」から幕開け。そして10thシングル『何度目の青空か?』のカップリングに収録されるアンダーメンバー楽曲「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」を披露。選抜メンバーの常連である生田絵梨花・松村沙友理・秋元真夏によるアンダー楽曲のパフォーマンスは新鮮で、その後、デビュー・シングル「ぐるぐるカーテン」をもって本編を終了した。

乃木坂46 1期生ライブ

 アンコールでは1期生メンバーが後輩たちの楽曲である、3期生楽曲「思い出ファースト」と4期生楽曲「I see…」を披露。そしてここで3期生・4期生の単独公演の開催をサプライズで発表した。特に3期生は興行において初となる単独公演とのことで、注目だ。ライブの最後はデビュー・シングル『ぐるぐるカーテン』収録のアンダー楽曲「左胸の勇気」で締めくくられた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top