“神スイーツ”とSNSで評判の「コメダ珈琲店×GODIVA」の限定商品を食べてみた! | RBB TODAY

“神スイーツ”とSNSで評判の「コメダ珈琲店×GODIVA」の限定商品を食べてみた!

ライフ グルメ
“神スイーツ”とSNSで評判の「コメダ珈琲店×GODIVA」の限定商品を食べてみた!
  • “神スイーツ”とSNSで評判の「コメダ珈琲店×GODIVA」の限定商品を食べてみた!
  • “神スイーツ”とSNSで評判の「コメダ珈琲店×GODIVA」の限定商品を食べてみた!
  • “神スイーツ”とSNSで評判の「コメダ珈琲店×GODIVA」の限定商品を食べてみた!
  • “神スイーツ”とSNSで評判の「コメダ珈琲店×GODIVA」の限定商品を食べてみた!
  • “神スイーツ”とSNSで評判の「コメダ珈琲店×GODIVA」の限定商品を食べてみた!
  • “神スイーツ”とSNSで評判の「コメダ珈琲店×GODIVA」の限定商品を食べてみた!
  • “神スイーツ”とSNSで評判の「コメダ珈琲店×GODIVA」の限定商品を食べてみた!
  • “神スイーツ”とSNSで評判の「コメダ珈琲店×GODIVA」の限定商品を食べてみた!
 コメダ珈琲店は、高級チョコブランド「GODIVA(ゴディバ)」とのコラボ商品「クロネージュ リッチショコラ」(650円~670円※店舗によって異なる)を、数量限定で発売中。


2月5日からバレンタイン商戦として提供がスタートした同商品。昨年に続き、2回目のコラボ商品となるが、昨年はすぐに完売してしまったことを受け、今年は数量を増やして提供中だという。


SNS上では、「神ウマ!」「コメダ史上最高のスイーツ!」とのレビューを見かけるこの商品。近隣にある都内店舗に電話したところ、「在庫はまだあるので、店舗によりますが、今日、明日で終了ということはないと思います」とのことだったので、さっそく食べに行ってみた。


バレンタインデーの数日前から、15時頃のおやつタイムには行列ができていた同店だが、現在は同時刻でも並ばずに入店できた。監修は、「GODIVA」のエグゼクティブ シェフ・ショコラティエ&パティシエのヤニック・シュヴォロー氏とのこと。


ちなみに、デフォルトの定番商品「クロネージュ」(550円~570円)は、ココアが香るバームクーヘンにソフトクリームが乗せられた、この商品。



コメダのスイーツは、ドリンクとセットの「選べるデザートセット」で頼むのがやはりお得で、プラス100円で、定番商品をゴージャスな「GODIVA」バージョンに変更できる。さっそく注文したところ、ベルギー産の濃厚ベルギーチョコレートを練り込んだバームクーヘンに、なめらかなチョコソースが、たっぷりとかかった「クロネージュ リッチショコラ」が登場。



真っ白なソフトクリームに、大きめのチョコチップとアーモンドの粒がトッピングされていて、見た目もリッチで美しい!



さっそく食べてみると、バームクーヘンは結構甘めで、さらに温かいという衝撃! チョコソースは苦みと酸味が効いた濃厚な味わいで、(GODIVAって美味しいんだねえ…)と改めて実感。温かいバームクーヘン×冷たいアイス、甘み×苦みのコラボが相まってたまらなく美味しい。



バームクーヘンの輪の中には、果肉が入った苺ソースが隠されており、チョコ×アイスの甘さに甘酸っぱい苺の果肉が加わって、味に変化がでるので飽きずに楽しめる。トッピングのアーモンドとチョコチップは、カリカリとした触感で、いいアクセントになっていた。



「クロネージュ リッチショコラ」は、都心の有名なスイーツ店やホテル内のレストランで提供されるかのようなリッチな味わいが、お手軽に楽しめた。しかし、コメダらしいサイズ感でボリューミーなため、おやつタイムには良いけれど、食後のデザートとして一人で食べ切るのは、ちょっと重いかも。この場合、家族や友人とシェアするか、食べきれないパンなどの食事はパックに入れて持ち帰りができるので、先に持ち帰り用のパックをもらうのがおすすめだ。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top