水川あさみ、最優秀女優賞に感動も濱田岳から“超恐妻ぶり”を暴露される | RBB TODAY

水川あさみ、最優秀女優賞に感動も濱田岳から“超恐妻ぶり”を暴露される

エンタメ その他
水川あさみ【写真:竹内みちまろ】
  • 水川あさみ【写真:竹内みちまろ】
  • 水川あさみ【写真:竹内みちまろ】
  • 水川あさみ【写真:竹内みちまろ】
 女優の水川あさみが第12回TAMA映画賞にて最優秀女優賞に選出され、29日に都内で開催された授賞式に出席。水川が感動を言葉にした。

 スピーチでは、水川は、「本当にもう飛び上がるほど、嬉しかったです」と感激。同じく最優秀男優賞を受賞した濱田岳と夫婦役で共演した「喜劇 愛妻物語」については、「チカという役は、私の手元に来てくれたときに運命的なものを感じました。『絶対にこの役をやりたい』と心から強く思いました」と振り返った。

 「喜劇 愛妻物語」では、水川は、夫を容赦のない言葉でディスる“超恐妻”を演じる。同作には脚本も担当した足立紳監督の実体験が込められているそうで、撮影の様子を尋ねられた水川は、「現場では、濱田岳君の横に役のモデルとなる監督がいつもいるので、2人が並んだ顔を見ていると、自然と怒りが込み上げるといいますか、自然とイライラする状態でした(笑)」と回顧。

 授賞式には濱田も出席したが、濱田は撮影の際、水川のあまりの“恐妻ぶり”に驚いたそう。「撮影に入る前に自分のイメージで台本と向き合っているのはもう、あくまでも机上の空論だなということを水川さんに教えて頂きました。『あれ、そんな言う?!』みたいな(笑)」と振り返り、「撮影、もつかな」と心配になったエピソードを明かして笑いを誘った。

 また、最優秀女優賞には、長澤まさみも選出された。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top