浜辺美波、『私たちはどうかしている』最終話終えコメント「七桜ちゃんと一緒に成長できた」 | RBB TODAY

浜辺美波、『私たちはどうかしている』最終話終えコメント「七桜ちゃんと一緒に成長できた」

エンタメ 映画・ドラマ
浜辺美波【撮影:こじへい】
  • 浜辺美波【撮影:こじへい】
 女優の浜辺美波が30日、横浜流星とW主演したドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ)の最終話の放送を終えての思いをコメントした。


 同作は和菓子職人の七桜(浜辺)と老舗和菓子屋のクールな跡取り息子・椿(横浜)が、15年前に起こった老舗和菓子屋・光月庵の若旦那殺人事件の真相を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも惹かれ合う2人の姿を描いたラブ・ミステリー。

 30日、『私たちはどうかしている』の最終話が2時間スペシャルで放送された。浜辺はオンエア後にTwitterを更新すると「苦しいことも多い七桜ちゃんの人生でしたが、半年かけてじっくり向き合うことで様々な感情を経験するにつれ一緒に成長できたように思います」とクランクインしてからの半年間を振り返り、「無事に最後まで皆さんのものに届いたことを嬉しく思います。最後までご視聴いただきありがとうございました!!」と視聴者への感謝の言葉をつづった。

 浜辺は横浜と着物姿でダブルピースをするツーショットも公開。ファンからは「撮影お疲れさまでした」「毎話ハラハラドキドキさせてもらいました!」「とっても最高でした!」「ステキなドラマありがとう」「1週間の楽しみが終わってしまって寂しい」「続編いつまでも希望します」など多くのコメントが寄せられている。

《松尾》

関連ニュース

特集

page top