後藤真希がAKB48のセンターに!奇跡のコラボにSNS大感激「歴史が動いた」 | RBB TODAY

後藤真希がAKB48のセンターに!奇跡のコラボにSNS大感激「歴史が動いた」

エンタメ その他
後藤真希【写真:竹内みちまろ】
  • 後藤真希【写真:竹内みちまろ】
 元モーニング娘。後藤真希が、30日放送の『テレ東音楽祭2020秋』(テレビ東京系)に生出演。AKB48と夢のコラボを果たした。

 1999年9月、モー娘。加入直後に発売されたシングル『LOVEマシーン』でいきなりセンターポジションを担当し、以後も黄金期のモー娘。を支えてきた後藤。この日AKBの一夜限りのセンターを務めることが発表されると、司会の国分太一は「ありえないコラボだよね!」と驚き。後藤自身も「ほんとですよね! いいんですか逆に!?」と、現役メンバーの柏木由紀に聞いた。

 するとモー娘。のオーディションを受けたこともあるという柏木は、「後藤さんは本当に憧れ」と切り出し、「後藤さんがAKBの歌を歌うということは、スーパースターが自分の学校の校歌を歌ってくれるみたいな」などと興奮。国分は「それはちょっとよく分からない」と困惑した。

 この後、後藤は柏木らAKBのメンバーを従えて、『会いたかった』『フライングゲット』『ヘビーローテーション』と、AKBのヒット曲メドレーを、センターとしてパフォーマンス。現役時代と変わらないダンススキルと圧倒的な存在感を見せつけた。

 この貴重なコラボにSNS上では「歴史が動いた瞬間に立ち会ってしまった」「ゴマキがAKBのセンターは素直に感動するわ」「センター違和感無さすぎ。 完全に本家食っちゃった」など感激コメントが殺到していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top