柳楽優弥、本当はジャニーズ志望…書類審査通っていた | RBB TODAY

柳楽優弥、本当はジャニーズ志望…書類審査通っていた

エンタメ その他
柳楽優弥【写真:竹内みちまろ】
  • 柳楽優弥【写真:竹内みちまろ】
【PR】
■Zoom5.2の 新機能 【Mikiの注目テレワークツール】
 柳楽優弥が、16日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。ジャニーズ事務所の書類審査に通っていたことを明かした。


 柳楽は14歳のとき、主演映画『誰も知らない』で芸能界デビュー。すると同作が2004年度の「第57回カンヌ国際映画祭」で最優秀主演男優賞を受賞。これは日本人初の快挙で、しかも史上最年少での獲得となった。

 ここで城島茂が、「そもそも自ら俳優になりたいと思ったのか、それとも例えば身内が履歴書を送ったのか、どちらなのか」と質問。すると柳楽は「最初はジャニーズJr.のオーディションを受けさせてもらった」と答え、続けて「書類審査まで通ったんです」と明かした。

 初めて聞く話に城島が「この話って……?」と確認すると、柳楽は「初めて(話す)」と、初告白と明言。これには国分太一も「ジャニーズ事務所に応募したの!?」と驚き。松岡昌宏が「それで1次審査に合格して?」と問うと、柳楽は「(合格)通知が来たのが1年後だった」と説明し、「その時には今のスターダスト(プロモーション)に入って、仕事が始まっていた」と回顧。合格通知が届いたのは『誰も知らない』の撮影中だったそう。

 柳楽はその時の心境として「うわぁ~そっかぁと思った」と、後悔も若干感じたと語りつつ、「僕の中では誇らしい(経歴)」と述懐。また、誰に憧れたのかという質問には「長瀬さん(長瀬智也)のドラマが好きで結構見てました」とも話していた。

【Pick UP】
※乃木坂46・堀未央奈、久間田琳加、神部美咲……注目グラビア総まとめ!
※話題のグラビア、写真集はこれだ!
※話題沸騰、熊切あさ美16年ぶり写真集で大胆ショット!
※動画でチェック!はるなのテレワーク環境構築
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top