LiLiCo、『ブランチ』映画コーナーに葛藤した過去「毎週、家に帰って泣いていた」 | RBB TODAY

LiLiCo、『ブランチ』映画コーナーに葛藤した過去「毎週、家に帰って泣いていた」

エンタメ その他
LiLiCo【写真:竹内みちまろ】
  • LiLiCo【写真:竹内みちまろ】
 LiLiCoが、13日放送の『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(TBSラジオ)に出演。『王様のブランチ』(TBS系)の映画紹介コーナー秘話を明かした。


 2001年から同番組で映画紹介コーナーを担当しているLiLiCo。その始まりはプロデューサーからの1本の電話だったという。呼び出されて行くと、「何のコーナーかは言えないんですけど、映画は好きですか?」といきなり質問されたのだとか。

 最初はリポーターに選ばれたのかと勘違いしていたが、ここで初めて映画紹介コーナーへのオファーであることを知ったLiLiCo。ハリウッド映画や故郷スウェーデンの作品はもともと好きで、「大好きですよ」と即答したものの、日本の映画ほとんど観たことはなかったという。

 そんないきなりの出演依頼からわずか10日後にはスタジオにいたというLiLiCo。「4~5年、毎週毎週、泣いて泣いて、家に帰って泣いて泣いて……」と、責任の重さとプレッシャーから泣いていたと振り返り、「母国語ではない言語で人様が作った大切なものを生放送で紹介するということは、あまりにも私にとって新しいものだった」と振り返った。

 楽しい仕事だと思えるようになったのが、視聴者から「LiLiCoさんから元気をもらえます」「勧められた映画を見に行ったら悩みがなくなりました」といった声をもらうようになってからだったという。その上で彼女は「スタッフにも救われたが、見ている方に救われた」と感謝していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top