LiLiCo、ホームレス経験きっかけに「2年間は何があっても食べられるよう貯金」 | RBB TODAY

LiLiCo、ホームレス経験きっかけに「2年間は何があっても食べられるよう貯金」

エンタメ その他
LiLiCo【撮影:こじへい】
  • LiLiCo【撮影:こじへい】
 タレント・映画コメンテーターのLiLiCoが23日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、20代の頃のホームレス生活を振り返り、「あれを経験しているから、2年間は何があっても絶対食べていけるように貯金しようと思った」と明かした。

 スウェーデン人と日本人のハーフであるLiLiCoは、18歳の時に歌手を目指し来日。下積み時代の20歳から25歳の時までは住む家がなく、マネジャーと2人で車の中で生活していたという。日本には祖母がいたが、頼ろうとはしなかった。その理由を「甘えるのが嫌いだった」と話した。

 LiLiCoは、22年の長い下積み生活を経て、やっとこの8年はまともな生活を送れるようになったとし、「今が青春みたいな感じ」と語った。
《角谷》

関連ニュース

page top