冨永愛、10年ぶりのパリコレふり返る「実はランウェイ歩けるかわからなかった」 | RBB TODAY

冨永愛、10年ぶりのパリコレふり返る「実はランウェイ歩けるかわからなかった」

エンタメ その他
冨永愛【撮影:小宮山あきの】
  • 冨永愛【撮影:小宮山あきの】
  • 冨永愛・Street Style - Paris Fashion Week - Womenswear Fall/Winter 2020/2 (Photo by Edward Berthelot/Getty Images)
  • 冨永愛・Akris : Runway - Paris Fashion Week Womenswear Fall/Winter 2020/20 (Photo by Peter White/Getty Images)
 モデルの冨永愛が19日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。2月に10年ぶりで出演したパリ・コレクションの感想を「10代の時の気持ちのままだったから、帰ってきたという感じだった。これこれ!みたいな…」と語った。

 パリコレが開幕した頃、欧州では新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、イタリア北部がロックダウンされていた。「コロナの最初の時はアメリカのニュースばかり見ていた」という冨永は、危機感を覚えて知人に日本の状況を問い合わせたところ、「えっ、全然こっちはそんなに…」との回答で、温度差を感じたという。

 そうした中でのパリコレだったが、「結果的に行って良かった。ランウェイを歩くことができたから。ランウェイを歩くのを目的に行った」と冨永。実際に歩けるかどうかは当初は決まっていなかった。「確実なものは全然なく、不安だったけど、やりたい、やらなければならないみたいな、いろんな気持ちを考えながら行った」と振り返った。
《角谷》

関連ニュース

page top