吉岡里帆、コロナで仕事はラジオとナレーションのみ……危機感つづる | RBB TODAY

吉岡里帆、コロナで仕事はラジオとナレーションのみ……危機感つづる

エンタメ ブログ
吉岡里帆【写真:竹内みちまろ】
  • 吉岡里帆【写真:竹内みちまろ】
 女優の吉岡里帆が22日、自身のInstagramを約1ヵ月半ぶりに更新。コロナ禍の仕事の現状などを明かした。


 この日、吉岡は「いかがお過ごしでしょうか?」と切り出すと、「こちらはというと自粛生活になってからというもの、ラジオとナレーション以外のお仕事は延期や中止となり日々の流れ方も一変しました」とコロナの影響で仕事が激減している現状を明かした。

 続けて、「改めて大切なものが何なのかはっきりと輪郭を帯びていく感覚と、あらゆる事柄に対しての違和感や戸惑いが交差していました」「家族に会いたいなと毎日思います。家に居ると猫が一緒だったらなとやっぱり実家を思い出します」と自粛生活の中で感じたことをつづった。

 ファンからは「お元気そうで安心しました」「お久しぶりの投稿、嬉しい」「芸能界も大変ですね」「一日も早く吉岡さんの新しい作品やお芝居を観たい」などさまざまな声が寄せられている。

この投稿をInstagramで見る

夜分遅くに失礼します。 大分お久しぶりですいかがお過ごしでしょうか? こちらはというと 自粛生活になってからというもの、 ラジオとナレーション以外のお仕事は延期や中止となり日々の流れ方も一変しました。 冬眠しているかの如く、静かに 静かに。 改めて大切なものが何なのかはっきりと輪郭を帯びていく感覚と、 あらゆる事柄に対しての違和感や戸惑いが交差していました。 家族に会いたいなと毎日思います。 家に居ると猫が一緒だったらなと やっぱり実家を思い出します。 今何が一番恋しいですか。 落ち着いたら何がしたいですか。 久しぶりのインスタで手紙みたいになってしまった。笑 #腕枕

吉岡里帆(@riho_yoshioka)がシェアした投稿 -

《松尾》

関連ニュース

特集

page top