高嶋ちさ子、“アベノマスク”まだ届かず「要らないけど来ないと腹立つ」 | RBB TODAY

高嶋ちさ子、“アベノマスク”まだ届かず「要らないけど来ないと腹立つ」

エンタメ ブログ
高嶋ちさ子 (c)Getty Images
  • 高嶋ちさ子 (c)Getty Images
 ヴァイオリニストでタレントの高嶋ちさ子が12日、自身のInstagramを更新。新型コロナウイルス感染防止対策として政府が配布中の布製マスク、通称“アベノマスク”がまだ届いていないことを明かし、思いをつづった。


 この日、高嶋は「そう言えば、今日急に思い出した。あのアベのマスク皆さま届いてますか? 私のとこには来て無いです」と報告。マスクには困っていないとのことだが、“アベノマスク”が届いた時のことを考えて、寄付を考えていたという高嶋は「なんで俺様のとこにはこないんだ。要らないけど来ないと腹立つ。まるで、好きでも無い人に告白された挙句何故か振られた、そんな気分」と苛立つ思いをつづった。

 さらに「それでもお金は発生するのか……」と高嶋。「こんなに動きが鈍い人は、私のマネージャーは務まらないです。解雇したいが、誰を解雇すれば良いのか。あ、政治的な発言ではありません。あくまで素朴な疑問と妄想です」と皮肉った。

 ちなみに厚労省のサイトではマスクの配布状況が確認できる。準備中、15日から配布というところもあり、未だ配布されている状態にはない。配布となっている東京都でも、一部にしか届いていない。高嶋ではないが、配布予定であったこともそのうち忘れ去られてしまうかもしれない。

《松尾》

関連ニュース

特集

page top